湘南徒然草

湘南に生まれ、育ち、この土地を愛し、家庭を持ち、子育てに追われ、重税に耐える一人の男の呟き。

小林よ、アウト・ローは危険だ!・・・2017WBCサムライジャパンの戦い

2017-03-21 18:09:08 | Weblog
いよいよWBC準決勝が始まります
日本とアメリカ、どちらが勝つでしょう?

私としては、勿論、日本に勝ってほしいです
実力的には、十分、いけると思っています

問題があるとすれば
キャッチャー小林のリードです
何かといえば、外角低めに投げさせる単調なリードは問題です

日本人バッターは、外角低めを苦手とします
ダウンスイングでは、ここは打ちにくいコースだからです
空振りしなくとも、長打になりにくいのです
したがって、安全を考えると、外角低めになるのです

ところが、外国人バッターは違います
手は長いし、もともとアッパースイングですから
スイングスピードのピークに合わせて
外角低めを、楽々と長打にしてしまいます
若干当たり損ねにみえても、スタンドまで運んでしまいます
外角低め(アウト・ロー)は危険なコースなのです

また、外国人が変化球に弱いと考えるのも危険です
変化球の多くは落ちる球です
外国人打者は、これに上手に合わせてくるのです
外角低めに甘いスライダーなんかを投げようものなら
あっさり長打を浴びてしまいます
選球眼も良く、ボール球は、迷わず見逃します

意外なのは
外国人打者が、日本人投手の直球を上手く打てないことです
日本人投手の、バックスピンの強くかかった直球は
外国人打者から見ると、浮き上がってくるボールなのです
したがって、バットがボールの下を空振りするのです

以上の前提から導き出される結論は
速球投手の”直球”で勝負するということです
これに落差の大きなフォークボールを交えれば万全ですが
日本人投手は、今回の試合球に慣れていないため
フォークボールは、上手く投げられない可能性があります
そこは要注意で、無理はしないことです

それに付け加えると
サイドスローやアンダースローは、外国人は打ちにくそうです
今回の日本代表には、これが揃っていますから
継投策は、難しく考える必要はないでしょう






ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャック・ベリーの死 | トップ | 残念な準決勝敗退・・・20... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-03-21 20:32:13
小林捕手にこのブログ届けたいですね。
Unknown (Unknown)
2017-03-21 21:46:24
侍ジャパン頑張って欲しい🎵
明日アメリカ戦応援しています。
Unknown (Unknown)
2017-03-21 22:34:44
説得力がありますね。明日の試合が楽しみです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む