自然観察系旅日記 うにまるが行く!!

40代も残りわずか。遅咲きのなんちゃってトラベラーうにまるの旅日記。スペイン巡礼旅より帰国。次回は8月。マドラス皆既日食

DAY21 谷戸の風景とタコの屋台

2017-06-13 18:00:54 | スペイン巡礼旅
2017.6.6(Saria泊)
Albergue Obradoiro
大部屋ドミ1泊10ユーロ

こんばんは。
巡礼21日目はトリアカステージャからサリアまで18kmのウォーキング。



トリアカステージャの外れから道が二つに分かれます。

1つはサモス修道院を通る川沿いの道。こちらの修道院は、サンティアゴが聖地となったきっかけである、ヤコブの棺が見つかった場所とされているようです。

しかしながら、こちらの道を通ると若干の遠回り。

もう一つは、小さな峠を越えて行く短めの道。

はい。短い方に決定(笑)



というわけで、ぼちぼちと登り坂。

目の前に広がる風景は…



あれ?これっていわゆる谷戸ですか?
日本だったら田んぼになってる地形ですよね?

そして、なんとなく日本らしい風景が続きます。





↑こちらの家の周りはジャガイモに占拠されてました∑(゚Д゚)

そして今日も続く牧場の風景







行くべき道を知らせてくれる道標たち





そういえば、この日は宿を後にしてから10km以上バルがなく、最初に見つけたバルはすごくにぎわっていました。



3時間近く歩いてようやく朝ごはん。こんなの初めて(^^;;







牧場の風景はのどかなんですが、牛舎の周りなんかは、かなり臭いが強烈です。牛さんの落し物も道にべったりだったり…(^^;;



見苦しくない程度の写真にとどめます(笑)







そして、サリアの街に到着!!





サリアはとても大きな街で、アルベルゲも多数ありますが、この階段を上った先の旧市街はわりとこじんまりとしています。





我々の宿は旧市街にあるこちらのお宿。
久々に泊まる10ユーロの宿は快適。











10ユーロの宿を「高級」と呼んでいいのかは謎ですが、相対的に見ればそういうことになります。庭の花すら綺麗に見える(笑)

せっかくなので、街をふらふら歩いて見ると、町の一番ら高いところに、城跡のような塔を発見。



登れるのかなと近づいてみると、駐車場兼空き地といった広々とした空間の奥から、何やらにぎやかな声が…。

そして、発見!!



青空食堂!!
それもタコ専門!!



スペイン語でタコはプルポ。そしてここガリシアにはタコを用いた伝統的料理「プルポ ア フェイラ」があるのです。

伝統料理と言っても、ようは茹でたタコをハサミで切って、粗塩とパプリカ、オリーブ油をかけるだけ!!





うわっ。めっちゃ美味しそう!!

というわけで、当然こうなります(笑)



このように、プルポ ア フェイラは、パンとワインと提供されるものだということです。それにしても長いフランスパンがで〜んとテーブルに置かれた時には、その豪快さにびっくりしました∑(゚Д゚)

一緒に写っている女の子は同室だったドイツからの大学生。

ちなみに、このプルポ ア フェイラはシンプルな料理だけど、タコの茹で加減が勝負らしく、いわゆるアルデンテ的な絶妙なタイミングがあるんだとか。鍋も銅製のものを使うというのが基本らしいです。



これ、本当に美味しくて大満足!!

この先の街にも有名店があるということで、楽しみです♪



今日も1日お疲れ様♪
明日もいい日になりますように
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ




※※※※※※※※※※※※※※※※※
海外旅行ランキングに参加してます。
下のバナーをポチッと押して応援いただけると嬉しいです∧( 'Θ' )∧

にほんブログ村

※※※※※※※※※※※※※※※※※
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DAY20 夜明けの絶景と牧場の道 | トップ | DAY22・23 小さな村々に泊まる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。