Studio UNILABOの”MANGA配信行為”

漫画家【蒔野靖弘&のぎまこと】のweb公開用コミックの配信とお仕事に関する事など、ダラダラ綴る雑記ブログです。

wacom Cintiq Pro 16 液晶ペンタブレットDTH-1620/K0レビュー[4](接続の儀2)

2017年04月18日 16時44分26秒 | 日常&雑記
さて、前の記事 『接続の儀 1』 の続きです。

昨日は画面に何も出ませんでした。
当たり前です、ディスプレイにケーブルをつないでない(つなぐことができなかった)わけで。

なぜ繋げなかったかと言えば、そもそも一番推奨されてる
USB Type-C刺すところは無く、そういう人のためのwacom LINK
と言うUAB Type-Aとミニディスプレイポート用ケーブルをつなぐアダプタを介したものの
PC本体にミニディスプレイポートが無いときたもんである…Orz


…と思っていたが、よく背面を見てみれば
背面には「ディスプレイポート」が存在したわけです!!



ま、ここでせっかくなのでうちのPCのマザーボードを紹介しよう。

ASUS B85M-E である。

見てわかるとおりちゃんとボードにディスプレイポートがついてるww
ただし標準サイズのなのでwacomについてきたケーブルでは結局は使えない。

というわけで昨日のうちにヨドバシに店舗受け取りでケーブルを注文。



一応レビューでも「4K表示できてる」と言う文字を信用してこいつにした。
実際問題としてコレが一番安いのと「値下げしました」って書いてあって
コレにするしか無いわけで。

あ、そうそう。せっかくなのでケーブル問題のもうひとつも解決するために
こういうのも買った。



コレがあればテーブル周りがいくらかでもすっきりします。
だってさ

コレだよ↓



それがこうなる訳です!↓




はいすっきりー!
※電源ケーブルしかつないでないのでw


さて、と言うわけでケーブルもディスプレイポートに無事に刺さりました。

電源投入です。


……………

えー、昨日と同じです…



だけど今日は昨日は出なかったダイアログが出ました。
※もちろん表示されたのはデスクトップのモニタです。



ちょっと何言ってるかわからない(サンドウィッチマン富沢風)

と言うわけで、Cintiq pro 16の画面は運ともすんとも言いません。
ペンを近づければカーソルは動いてるのでタブレットとしては使えるけど(何それおいしくない)

で、早い話がモニタとして認識されていない状態です。



じゃあディスプレイポートはいったい何なんだと言うことになります。

※この左の2のディスプレイはいたって普通のモニタです。



ちなみにこの左のモニタ外してみたけど関係無くCintiqは反応無し。


デバイスマネージャーを開くと以下の通り





wacomタブレットが3つ並んでますが、Cintiq pro 16の分が2個でもう1個は
Intuos4の物です(Cintiq外したら1個になったし)

コレはもしかして
別なグラボが刺してあるのでマザーボードのディスプレイポートを無効にしてあるのかな?
と思ってBIOS画面を開いて見たんですが…




こんなBIOS画面見たこと無い!!!!
今まで見たことあるのはDOSの画面みたいなヤツだけだしカツオだし!!!

と言うわけで、そっとBIOS画面を閉じました…。


今この件に関してwacomに問い合わせもだしてますが
的確な答えが返ってくるとも思えない。

なぜって?

wacomのサポートからの問い合わせフォームの中に
Cintiq pro16の項目が未だに無いからだ!!



なので今の段階でこれ以上のことはできなくなった。

今できるのは他のモニタ全部外してディスプレイポートだけにしたら動くのか?
と言うことぐらい。

後はBIOS詳しい人がいたらよろしくです
と血文字を残して今回の記事終了です…...φ(、3」∠)_



ブログランキングに参加しています。よろしかったらバナーをポチッとお願いします。にほんブログ村 漫画ブログへ






【Amazon.co.jp限定】ワコム 液晶ペンタブレット15.6型 Wacom Cintiq Pro 16 オリジナルデータ特典付き TDTH-1620/K0
ワコム




『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« wacom Cintiq Pro 16 液晶ペ... | トップ | wacom Cintiq Pro 16 液晶ペ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む