野球はもっと楽しいはず

野球少年の親です。
野球はやって楽しい、見て楽しいはずなのに。
ちょっと一言言わせてください。

指導者は選手をよく見てほしい

2017-06-18 16:47:18 | 日記
指導者にライセンスを、指導者は複数いてほしい、と書いた。

それに追加して、指導者、特に監督はよく選手を見てほしいと思う。

小さな少年野球チームから100人を超えるチームまで、監督が本当に選手を見ているパーセンテージは低いのではないか。

人数や規模に関係なく、指導者が見る必要性を感じていない場合が多いと危惧している。

人数が多すぎて見られない、別のコーチが見てるからそのコーチが判断する、学生同士で切磋琢磨してるから大丈夫、自分で考えて成長すべき、などなど。

理由はあるし、それなりに理解はできるが、チームを育て上げるのは監督の責任だし、自分が個々の選手の特徴を見なくてどう育てて行くのだろうか。

育てるつもりがなく、現状の戦力で満足するとしか思えない。

繰り返し言うが、子供たちはいくらでも吸収できる存在だ。

できる限りの可能性を見出して行ってほしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロ野球選手をもっと活用すべき | トップ | 審判の育成を »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。