目利き屋アンダーグラウンド

音と対話をテーマに平和の文化を創るファシリテーターくららの気づき

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とよた都市農山村交流ネットワーク会員研修

2009-03-19 | 農山村ネット
今日はとよた都市農山村交流ネットワークの会員研修会で
下山にある山遊里に行ってきました。
スーパーでウィンナーを購入する時は、いつも山遊里のものを
選んでいましたが、実際に行ってウィンナーづくり体験をしたのは
初めてでした。
あらびきのひき肉に香辛料を混ぜていくとそれだけで、もうウィンナー
の香りがしてきました。羊の腸に肉を詰めていく作業はなかなかコツが
必要でした。本物の腸に詰めるというのはこういうことなんだなと、
丁寧な説明を伺いながらそう思いました。
ゆでる温度も美味しさを保つためには大切だそうで、70~80℃内で20分
ゆでました。

何でも出来立ては絶品。
ホットドックでも戴きました。

山遊里の後、香恋の館、腰掛山荘にも寄って行きました。
会員さん同士の会話にも山里をよくしていくための知恵がたくさんありました。
下山の三巴小学校の跡地利用についても興味深々です。
お義父さんの母校であるというだけでなく、建物や立地条件がとても
素敵なところなのです。
松平の七草を利用してもらえると良いな・・・とも思いました。

そして、下山と言えば、おばあさん。
せっかく来たのだからと思い、寄ろうと考えていたら、何と
おばあさんからも電話がありました。虫の知らせというのでしょうか。
訪ねると、おばあさんは頼まれたというお手玉を製作中でした。

そして、甘酒を米と米こうじで作ったそうで、ご馳走してくれました。

おばあさんの作る料理は本当に何でも心がこもっていて、やさしい味で
本当に美味しいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とよた都市農山村交流ネット... | トップ | 子どもを考えるなら大人が変... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。