気になる話題

気になる話題をあれこれと紹介していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

多汗症の病院治療

2016-12-24 14:44:47 | 日記
多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)は、色々な治療法があるので、どれが一番効くのかよくわかりません。
その症状やレベルによっても、多汗症の治療法がことなってくるので難しいものです。
民間療法や市販されている薬などで多汗症を治療する場合などは、自宅で治療する事も出来ますが、手術や専門医に相談する場合などは、やはり病院に行く必要があります。
では、多汗症の治療のために、どこの病院へ行けばいいのでしょう。
一般的に、多汗症を専門として扱っている病院は、皮膚科ものです。
しかし多汗症(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)という病は複雑な面があり、身体の一部に多くの汗をかくという、特殊な側面があり、局所だけに生じる精神性発汗と診断される場合があります。
こうしたケースにおいては、多汗症は心療内科(患者一人当たりにかける時間が長いことが多く、完全予約制となっている病院も少なくありません)や精神科(診療所、精神科病院、旧総合病院の精神科の三種類の診療形態があります)の病院を勧められることもあるでしょう。

多汗症はその病院によっては、治療法が大きく異なりますので慎重を要します。
精神的な苦痛を伴う多汗症の場合は、心療内科や精神科の病院がいいでしょう。
それは、での心身療法によって、多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)の症状が和らぐ可能性が高いからです。
皮膚科での治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)よりも、心療内科での治療の方が、症状が軽減されることもあるようです。
それだけ多汗症は、精神的な影響が強く、べたべたで恥ずかしい、さわった物が汚れる、などの症状が、周囲に不快感を与えていると感じていることが多いのです。
また、そうした罪悪感がより消極的にさせる傾向があって、多汗症は、精神的な影響をモロに受ける疾患と言ってもいいでしょう。
しかし現実には、多汗症は、精神疾患ではなく、交感神経が敏感であることから生じる症状であると言われています。

多汗症は、ボトックス注射、汗腺除去手術によっては処置が行われていらっしゃるでしょうね。
そうした治療法は、一般的に美容外科で実施されることが多いことから、多汗症の施療に、美容(何かに夢中になっていると、自然と保てたりすることも少なくないみたいですね)外科の病院を訪れる人も最近増えています。
ただ一般的には、美容外科におけるボトックス注射は、あくまで顔のしわ取りのために行われるので、多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)を改善することはできません。
そうしたことから、実際に美容(若さやキレイさを保つための努力をするのとしないのでは、年を経るごとに大きく差が開いていくでしょう)外科においては、多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)の処置は行っていません。
それでも、美容外科では、多汗症の一種とされるわきが治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)も普通に行われているので、多汗症(顔や手足、脇の下などに大量の汗をかいてしまう症状をいいます)が一般的に行われる日も近いかもしれません。
多汗症は、精神的な要素も考慮して今後、いろいろな病院で実施されることでしょう。
一番心配なのは、手術による副作用なので、多汗症の施術にたいするスキルの向上が望まれます。
建築施工管理技士
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アディダスのマラソンシューズ | トップ |