極道楽

道楽を極める。題して極道楽。
親の~血をひくぅ~~兄~弟~よりいもぉ~~~。
ちょんわ~~~♪

Zwift for iPAD

2017年05月18日 21時10分20秒 | Weblog

家のPCはフルタワーのデカいやつです。
ZwiftはPCでやっていたので、場所的にPCのそばじゃないと使えなかったんですよね。
キーボードやマウス操作を自転車の上からやるのも難しく、意外と準備が面倒くさい。
「う~ん、ZwiftってiPADでも動くんだから、わざわざPC使う必要ないんじゃない?」
ということでWahooの「Fitness Key for iPhone」とLightningへの変換アダプターを買って試してみました。

 


「とりあえず、ドングルつないで、Zwift立ち上げてっと。お?あっさりつながった。」
パワーメーターだけでなく、ハートレートセンサーやケイデンスセンサーも普通につながって、PCと全く同じ環境で使えてます。

 


画面も十分綺麗です。
写真はブレて見えますけど肉眼ではスムーズに動いています。


これでPC部屋に限らず、自転車・トレーナー・iPADがあればどこでもトレーニングが可能となりました。
リビングでも寝室でも富士山の5合目でもZwiftが出来ます。

既にパワーメーター持っている人なら
・安いローラー(2万くらいで買えそう)
・iPAD(ちなみに私のiPADはAir2で、2万5千円で買った)
・Wahooのドングルと変換アダプター(1万位)
と5万5千円位で始められます。
パワーメータはなくてもzPowerという疑似的に出力計算機能があるので十分楽むのは可能だと思います。
5S以降ならiPhoneでも動きますよ。
大型の画面が使いたかったらAirPlayでテレビに映像飛ばせば良いですしね。
(これはテレビ側の機能によるか)

またトレーニングログは終了時にセーブするとMyZwiftというサイトに登録されているので、ここからFIT形式でダウンロード出来ます。
Golden Cheetah等の管理アプリに取り込めばトレーニングの詳細な管理も出来ますよ。
梅雨の準備はバッチリです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« GW最終日 | トップ | 道志道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL