宝石ざくざく◇ほらあなJournal3

ロシア語をはじめ、外国語学習に関するあれこれを書いておりましたが、最近は…?

Pay It Forward

2016年10月18日 | 音楽
NHKラジオの講座に「実践ビジネス英語」というのがありますが、私はビジネスは疎いし、英語もそんなにできないんだけれど、トピックがおもしろそうなときは、なるだけ聴くようにしようと思っている。
(思ってはいてもなかなか・・・それを「実践」するのが10月からの目標であります(^^;)

9月の第一週のトピックは「Pay It Forward」であった。
ここでは「恩送り」と訳されている。

恩送りとは、「何の見返りを求めることもなく、ほかの人のためによい行いをすること」。
そして「善意を受けた人は恩返しをする代わりに、困っているほかの人のためによいことをするよう、求められます。確かに、親切な行い自体は大したことではないように思えるかもしれません。でも、その行いをしている時に、人は寛大さと奉仕の輪を広げているのです。その結果、私たち皆がさらに親切な人間になるというわけですね。」
(テキストのビニェット和訳より)

例として飲食店でお金が足りなくて困っている若者の代わりに年配のカップルが支払いを申し出てくれたとか、もっと分かりやすくちょっとしたこととしては公共交通機関で席を譲るとか。
飛行機内での有料アルコールとか、コーヒーチケットとかを、次に注文するであろう見知らぬ人のために買ってあげるというのはアメリカっぽいと思った。

思いがけない親切に驚く人の表情をみてこちらも嬉しくなるっていうのがいいね(意訳)という言葉もあった。

さてさて長くなりましたが、何が書きたいかというと、これは恩送りのチャンスかもと思ったことです。

端的に言うと、早々にチケットを予約した某ライブが、矢野顕子さんのさとがえるコンサート、NHKホールの日と重なってしまったのだーっ
さとがえるは12月の第3週になると踏んでいたのだが・・・
私、矢野さんに操を立てておりますので(用法間違ってるような気もするけど)、もちろんそちらを優先。
某ライブはツアーのほかの日も行くから、まぁ・・・しょうがないと思っていたのだが。
その日のチケットは1次先行で当選した分なんだけれど、外れて2次先行で取ったほかの日の分とは、整理番号が300番以上違うのだ。(スタンディングライブなので番号順に入場)

どう恩送りするかは交際の幅の狭い私には難しいなー
本当に好きな人に行ってほしいし。
自分もアイスショーでお世話になったので悪くないシステムだと思っているんだけど、チケットキャンプには出さない、と思う。
(定価で出しても転売されそうな気が・・・考えすぎか)

ともあれ、クリスマスも近いことだしサンタクロースになるのも楽しいかな、と。

と、決意がぐらつかないために(^^;書き記してみる次第。

(Kindness is its own reward.(親切な行為はそれ自体が報酬である。)ということわざがあって、それは善行に対する見返りを期待するべきでない、という意味なんだそう。でも私の中には、この行為を神様がちゃんと見ていてくれて、次のライブ抽選には同じくらい良い番号(座席)に当たるかも、というさもしい気持ちがあることを、正直に告白しておこう(^^;(^^;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行けなくて残念な話 | トップ | プロフェッショナル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。