宝石ざくざく◇ほらあなJournal3

ロシア語をはじめ、外国語学習に関するあれこれを書いておりましたが、最近は…?

神話の世界

2017年06月29日 | 音楽
先週は山陰旅行に行ってきました。

島根県は出雲大社にお参りしただけなんだけれど(宍道湖は車窓から見た)
「あっ吉田くん!」
島根県を宣伝しているとは知らなかった。
あらオンラインショップもあったのねー。
しかし思い返してみると私『秘密結社鷹の爪』の作品は全然観たことがないのだった。
なぜ親しみを感じるのか不思議・・・

鳥取市のほうへは行けなくて残念だったのだけど、
米子市近辺で
皆生温泉!
足立美術館!(こちらは島根県か)
水木しげる!
といろいろ刺激を受けました。

そしてスカパラ!@米子市公会堂
・・・
前から鳥取に行ってみたかったのできっかけづくりということでー

今回はじっこの席だったこともあって、ちょっと客観的になった時もあった。
前方に警備スタッフの人がかがんでいて、この人からは観客のことはどう見えているのかなーとか。
ま、スタッフの人はいいとして。
はじっこの席というのは、ステージ全体を観るにはベストの位置ではないんですけれど、メンバーの中には側面に来てくれる人もいるし、今回の演出では脇の通路を通って登場する人もいるわけですよ。
わわ、嬉しいーー
んだけれど、視界に入る観客の姿が私でなんだかすみませんすみませんって感じも・・・
自分なりのベストを目指して努力しようと誓った夜であった。とりあえずお腹はひっこめよう・・・

出雲大社に行くので『古事記』の読みやすそうな文庫をぼちぼち読んでいたせいか、ステージの一場面で、なんだか日本神話の世界とシンクロするなーと思ったことであった。
みずら結いの髪型で貫頭衣でも合ってたかもねー、雲がたなびいたりしててもよかったわねーなどと。
でもまああれは時空を超えた音楽の神様、バッハとジョビンってことなんでしょうねー(あ、ネタバレ?)
それにしても、ああいう小ネタよく考えるなーすごく好きですが。

が、去年の「道なき道を行く」ツアーみたいな100%クールなステージも次は観たいなーと思ったりも。
あの時はまだよく知らなかったからなー。
ともあれ、楽しかった!

(本当に大切なことは書かないし、書けない。・・・って尾崎世界観さんの文章ですが。今回は「理想の観客ってどんなんだろうー」と考えてしまって、ミーハーなことが書きにくい・・・)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 買った本読んだ本 | トップ | ある種の人には必読かも »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事