宝石ざくざく◇ほらあなJournal3

ロシア語をはじめ、外国語学習に関するあれこれを書いておりましたが、最近は…?

中二時代から遠く離れて

2017年07月26日 | 音楽
(書かないままに7月が終わっていくので、備忘録的に、と書き出したらずるずると)

音楽はほとんど車の中でカーステレオで聴いていると前に書いたような気がするけれど、ステレオじゃなかった!ということが判明。
ただiPhoneをバッテリーにつないで充電しながら聴いていただけだったんですねー。
6月半ばより、ステレオを通して聴けるようになりまして、わわなんという違い。ステレオってすごいー
って何時代の人だよって感じですが・・・(^^;
だからといって、もうiPhoneから直接聴くことはできない・・・ってことはなくて、どういう環境でも根源的な良さは変わらないなーとも思ったりして。

ずーっと同じものばかり聴いていたのだけど、またふとツタヤでCDをいろいろ借りてみる波がやってきた。
ついついリピートするのが
『世界観』(クリープハイプ)
『達磨林檎』(ゲスの極み乙女。)
『無罪モラトリアム』(椎名林檎)
・・・
声が独特なのが好きなのか、中二病的気質に惹かれるのか?
歌詞をちゃんと吟味してないのに中二って決めつけるのもどうかと思うけど。
ゲスの極み乙女。やっぱりいい! これお蔵入りになってたんだとしたらほんとにもったいなかった!
クリープハイプもゲス乙女もフロントの人だけじゃなくてバンドとしていいなーと思った。
椎名林檎さんのデビュー時は私はもう大人だったので、もちろん知っていたけど、当時はそれこそその世界観にはなんかヤバイ近づいてはいけないと思っていたのだった。
そういう、言葉がブロックするということがなくなって、前よりもいろいろ聴けるようになった気がする。
中二時代から遠く離れたからこそ、中二的なものに向き合えるようになったような気もする。
中二中二と書くと誤解されそうだし違うような気もするけど、若さが内包するいろいろなもの、ということでー

先日たまたまスペースシャワーTVをつけたらSuchmosの日比谷野外大音楽堂でのライブをやっていた。
観ているうちになんだか涙が出てきそうになって、なんでかなと考える。
なんというか、自分たちの格好良さを信じている感じが、眩しい。
もちろん、本当に格好いいんだけれど、もし私が彼らだったら、いまひとつ信じきれなくて、てへって笑いでごまかしたりしそうな気がする。
「なーんちゃって」とか言って、自分のプライドに保険をかけたりしないっていうか。

時間がないのでざっととりあえず。後でまた考えよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分を高く見積もらない。 | トップ | まさに「ホット」な »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事