goo

【食べたメモ】清寿軒 小判どら焼き

コストパフォーマンスという言葉を濫用するのは好きではないが、それでもこのどら焼きのコスパは異常と言わざるを得ない。



友人の結婚パーティーに行ったらおみやげで頂いた。この日いちばんテンション上がってましたすみません。

日本橋清寿軒と言えば誰もが知るどら焼きの名店。普通の丸いどら焼きである「大判」と、楕円に焼いた生地を折ってあんこを挟んだ「小判」があり、頂いたのは小判。

小ぶりではあるが、はみ出さんばかりのあんこなので一口目はもう「あんこを食べてる」感じである。小豆の粒が立ち、食感も楽しい、最高のつぶあんである。そうだ、つぶあんとは、「こしてないあんこ」のことでは無かったのだ。そんな、当たり前のことを思い出させてくれる。

ひとくち、もうひとくちと食べるうちに、ひとつのどら焼きの中に変化があることに気付く。
「皮の折り目」に辿り着くと、そこでは皮をメインとして味わうことになるのだ。
しっとり感とふわふわ感の絶妙なバランス、重曹のほのかな香りが豊かな甘味を〆ている。

そして、あんこと皮のハーモニーがいつまでも響き続けるような余韻。

これはもう、体験である。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 【読んだメモ... ごあいさつ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。