無意識日記
宇多田光 word:i_
 



でまぁ昨日深夜に百合姫開いて「2DKGペン目覚まし時計」の最新話を読んで「ひゃっほーい♪」とか叫んでた訳ですが。ええ歳したおっさんが何やってんだか。でも、社会人百合ってほんとにええもんどすな。いつアニメ化されるか楽しみじゃわ。この作品に限っては実写も許す。誰だったら演じてくれr(ry

話が長くなりそうなので強制終了(笑)。

百合の距離感というのはあからさまに出るもので、昔いちごがみるくと一緒に写った写真をみて「嗚呼やっぱり2人は百合じゃないのね」と納得した覚えがある。写真一枚で何がわかるねんという感じだが、たぶん当たっていると思う。

ヒカルの新しい特技といえば「写真一枚でその人の性格を当てる」だが、恐らくその応用というか派生として、既にやってるだろうかな、「その人の小さい頃と年老いた頃を想像する」というのもある。この人が小学校3年生の時はクラスでどんな振る舞いをしていたかとか、きっとこんなおばあちゃんになっているだろう、とかを自分が今まで出会ってきた小学3年生やおばあちゃんたちのデータを総動員して推定する。前に松本人志が「かりかり怒ってるおっさんおばはんの小さい頃を想像すると怒りも収まる」みたいなツイートをしていたが(思い切りうろ覚え)、それと似たような事だ。

自分の場合は、それをヒカルに対してずっとやってる気がする。なぜか申し訳なさそうに冷蔵庫を開ける姿やら一心不乱に(ウニみたいな)絵を描く姿やらを想像してひたすら萌える。身体中にセミの抜け殻を身に付けて無意味に得意気な姿は萌え度MAXだ。おばあちゃんの方はそれこそ未来の事なので幾パターンも妄想するが、34歳にもなって痩せるか太るかぐらいしか話題に上らない童顔ぶりは、ちょっと妄想の甲斐を下げる。嗚呼々々はいはい、そのままかわいいおばあちゃんになるのね、ってなもんでな。まぁクレオパトラヘアは劣化云々言う奴も居たが制作中や制作直後に荒れているのは毎度の事なのを知っているこちらからすれば「無知が」の一言で切って捨てて終わり。いや若い。幼いとすら言っていい。

まぁ多少は体形の変化くらいあるかもしれないが、今んとこわからないな。乳の話題をしようと思ったがそれはこどもがもうちょい大きくなってからだわ。うむ。

実際、どんなおばあちゃんになるのやら。世の中には美魔女とかいう人々も居るし、安達祐実とかはなるほどこれがネオテニーかと納得してしまうレベル。あれは極端とはいえ、何か近いものを感じてしまう。

ただ、眉毛だな。それが想像を妨げる。今眉毛を自然に生やしたらどんな感じなのかわかれば妄想がもっと捗るのだが、そこが封じられている為色々と霞が掛かるのだ。少し、巧みである。

太る、というオプションもある。最近はなんかあまり聞かないが、中年太りというのもあるのかもわからない。余計なお世話…ってかそれが切実になるのは歳が上の私らの方ですわね。

でもなんだかんだで妄想の中心は声である。トニー・ベネットがあの歳であの歌声、アレサ・フランクリンがあの歳であの響き、となるとヒカルが満足して歌えるのは何歳までなのだろう、となる。取り敢えず64歳までは大丈夫、と根拠無く昔から思ってきたが、つまりお母さんの年齢を超えてからどうなるか、というのが大きなテーマに、なるのかな。未知の領域に足を踏み入れる訳でして。

いずれにせよ私には大丈夫という確信がある。夢でみたからだ。ヒカル自身より自信がある。真実には敵わない。願いは叶う。

それはそれとして、そろそろ新しいアーティスト写真は見られるだろうか。どんな格好で現れてくれるか、楽しみ楽しみ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ヘッドフォン... 子な時間、子... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。