無意識日記
宇多田光 word:i_
 



『大空で抱きしめて』の略称ってどうなるのかな。『traveling』なら「トラベ」、『First Love』なら「初恋」、『Movin' on without you』は「むびのん」、『Can You Keep A Secret?』は「キャンシー」、などなど。えとせとら、えとせとら。いろんなパターンがあるものだな。

『SAKURAドロップス』は長年「桜/さくら」でよかったが、『桜流し』ができたので今はちょっとそれだけではわかりづらいかな。でもまぁ今のところ『桜流し』は「さくらながし」と言い切ってるか。ふむ。

書くのというのも違う。『誰かの願いが叶うころ』は口でいう通称は「ダレカノ」だが、時で「誰かの」って書く人あんまりみない。私なんかは『誰願叶』って漢字に縮めて書くし。これなんて読むんだろーね。皆アタマん中で音読してんのかな。

『二時間だけのバカンス』はまだまだ定着しないけど「ニジバカ」に落ち着きそうだし、『花束を君に』は「花束」、『真夏の通り雨』は「真夏」か「通り雨」、『荒野の狼』は「おおかみ」、という風な感じか。『俺の彼女』は「おれかの」になるんだろうか。聞いたことないな。『俺の彼女』から『誰かの願いが叶うころ』を歌ったら「オレカノ」から「ダレカノ」、みたいな言い方するんだろうか。なんだかよくわからなくなってきた。

こういった傾向からすると『大空で抱きしめて』は「大空/おおぞら」で定着するかな。無理に縮めなくても、他と単語かぶらないし困りもしないし言いやすいし書きやすい。まず間違いないだろう。


さて、そうなると大空の歌詞について立ち入っていきたいところだがもう私はそれはそれは慎重になっている。『真夏の通り雨』のような"叙述トリック"(本来の定義からはハズれた使い方だが、私の衝撃を表すのに最適なので敢えてこう言っている)がこの60秒の外にありはしないかとビクビクしているのだ。「通り雨だったらすぐ止むじゃない」と油断していたところへの『ふりやまぬ』で世界がひっくり返った。これが言葉の怖いところで、文章は全体を通して全部見ないと何がどうなるかわからない。現実には90m飛んできたボールは必ずあと10mで100m飛ぶ位置まで来ているが、文章は最後に「ではなく」とか「という気がした」「だったらよかったのに」「なんてな」と幾らでも否定が利く。否定こそ言語の最大の機能であり、現実には一切無いファクターなのだ。精密機械を鉄屑にするには必ず連続的に変化させねばならないが、「精密機械かと思ってたらそうじゃなかった」と書いてしまえば文章上では一瞬にして精密機械は鉄屑に"なる
"。それが想像力であり飛躍であり言葉の本質だ。本来バラバラなのだ。


宇多田ヒカルという作詞家はそういったあれやこれやを究極まで究める人だ。だから『Can't Wait 'Til Christmas』のように、クリスマスが好きな人にもクリスマスが嫌い・無関心な人にも両方の共感を得る歌詞を書く事ができるし、『ふりやまぬまなつのとおりあめ』のような大胆な"仕掛け"をエレガントに為す事もできる。まぁ、最初に白旗をあげて、今聴こえている歌詞だけでどう感じられるかを書いておくか。次回から多分歌詞の話になります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« The Great HUG... 『雲の中飛ん... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。