無意識日記
宇多田光 word:i_
 



「あなたが待ってる」、しみじみといい曲で、少なくとも買って損のないクォリティーでほっとしている。私に駄目なものを掴ませてOKなのはチャック・ベリー翁だけで、宇多田ヒカルだろうとメタリカだろうと生き返った吉良さんだろうと駄目なもん作ってきたヤツは徹底的に、容赦なく、3DVR並みに叩く。或いは完全無視だ。取り敢えず今回それはない。朝からずっとリピートしている。

その上で敢えて言わせて貰うと、ヒカルの出番が少なくて不服だ。最初は、冒頭から流れてくるリズムのズレたピアノがヒカルかと思ったが、MVを見ると後半のピアノソロからみたいだな。更にバックコーラスも、最後の方にちらっと出てくるだけ。うーん、これ知らなかったら俺気づかなかったよきっと。

そのMVも、音の出番に合わせて出演は少なめ。なるほど、クレジットが「THE BACK HORN featuring UTADA HIKARU」とかになってなかったのは、こういう感じだからかと。ただ映ってる場面のヒカルはリラックスしていて非常に魅力的。「嗚呼、あの小鼻の輪郭線を一時間撫で回し続けたい」と気持ち悪い事を思ってしまった。私はいつも通りです。

でもいちばんの不満はミックスだ。ヒカルのピアノソロ、かなりいいラインをなぞっていると思うのだが如何せん音が小さい。ソロパートなのにベースラインに音を掻き消されるってどういう事なの。本当に勿体無い。時代はバイノーラルだなんだと楽器の定位にこだわっているというのにバンドサウンドに埋もれるソロタイムってどういう事ですか。

もしかして、共同プロデューサーなのにミックスに立ち会っていないのかな。自分が鍵盤奏者なら遠慮無く不安をぶちまけるが、そこらへんはバンドの雰囲気次第か。クレームは、スポーツチームのように「造反」として処罰の対象になるものからクリエイティブにとってプラスだと歓迎されるものまで様々だが、今回の場合はどうだったのだろうか。

幾らヒカルが自分自身を前面に出すタイプではないとはいえ、楽曲のクォリティーを左右しかねないかもしれない場面で妥協するとは思えない。或いは、これくらいのバランスがベストなのかもしれない。

こういうのは、実際に幾つかのバージョンを聴き較べてみないと判断がつかない。ミキシングの段階でしっかり検討されたのならこれでよいだろう。が、もしヒカルがミックスに立ち会っていないのならそれは問題だ。信頼して任せる、スケジュールが取れなかった、と理由は幾らでもあるだろうがリスナーにとっては出てきた音が総てだ。それで感想を言うしかない。

…なんていう不満があるにはあるが、動くヒカルが見られて、いい歌が聴けて、私は気分がいい。まだ買うのを迷ってる人が居るなら、配信なら250円なんだから躊躇わなくてもいいと思うぞ。Gyao!ではフル尺のミュージック・ビデオも公開されているから、是非観て聴いてみてくださいな。冬にピッタリですぞ。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


« プロデューサ... くらべてはい... »
 
コメント
 
 
 
フルMV見た (すーさん)
2017-02-22 17:43:21
個人的。

ベースはこんなに動かなくて良いと思わせる曲。
確かにピアノソロでベースがかぶって勿体ない。あぁ勿体ない。

ボーカルメロディーは通しで聴くと良い感じなのでベースはシンプルにルート弾きでよかったんじゃ無いなと。

って観点はベースラインかってw

でも、ヒカルの声しか耳に来ないわ。
 
 
 
フルフルとぴっくす (i_@ようこそジャパリパークへ)
2017-02-22 23:31:53
なるほど、ベース弾きのすーさんらしい感想。
深夜高速のベースラインは、どう思います?
 
 
 
深夜高速 (すーさん)
2017-02-23 01:40:52
これの方がルート弾きなので聴きやすいです。

動くベースラインはL'Arc-en-Cielとかアニソン系で多いですが、あなたが待ってるは心地よくない動き方って感じになっちゃいます。

 
 
 
タイトルはいつも考え無し。 (i_@水樹奈々いいなぁ)
2017-02-25 09:44:42
すーさん、手厳しいなぁ。
爆奔のベースも、もっと音ちっちゃかったら目立たなくて
こんなボロクソに言われることもなかったろうに。

でも、深夜高速のベースもたくさん動くよ。
ギターソロの場面なんて対位的といえるくらい。
まぁ、心地よいかどうか、ってのが主眼なら
そっちが大事だわね。
 
 
 
カップリング (すーさん)
2017-02-26 09:55:45
もう一曲の方は良い感じのベースなのになぁ。

ピアノを後から足したからなのかなぁ~
ちょっと心地よくない響きなんだ。

ヒカル式ベースラインだとこんなに目立たない。
むしろバラード調ならなおさら。

ピアノやギターのルートに隠れて聞こえないぐらいだからね。
だから違和感が凄くあるのかもしれない。

深夜高速は気持ちいい響きですよ♪
 
 
 
手厳しいねぇ (i_@もう3月)
2017-03-13 21:33:02
やっぱりベース弾ける人は同業者に対して辛口(笑)

カップリングの方はいつもどおりのTHE BACK HORNの曲調だから、
ベースプレイも慣れてる感じはするわね。
もしかしたらベースの人、「あなたが待ってる」に
あんまり乗り気じゃなかったとか?(笑)
「心地よくない響き」というのなら、
そういうのもあったりするのよね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。