無意識日記
宇多田光 word:i_
 



日清カップヌードルでこの度新発売になったテイストは和風をテーマにしているそうで。抹茶シーフード。食べてみた。なかなか美味しかった。他ブランドでもUFOは梅昆布茶、どん兵衛はすき焼きが新発売になったが、興味を惹いたのはどん兵衛が「大豆ビーフ」を使用していた事だ。今迄ソイミートと言われていたヤツね。ソイミートは私も愛用しているが、昔と較べ、味付けの濃いメニューなら本物の肉と区別がつきづらくなってきている。肉の風味を出すのは無理だが見た目と食感はかなり近づいてきた。ソイミートの何が便利って基本的に乾物だから冷凍保存する必要がない所だ。このままクォリティーを上げつつコストダウンしていければいずれはかなりの領域で食肉を駆逐するのではないか。牛肉タイプのみならず、豚肉タイプ、鶏肉タイプも出揃っているから、佃煮やショウガ焼き、唐揚げといったメニューに於いては今後逐一原材料を気にした方がいいかもしれない。大豆アレルギーの方はくれぐれも気をつけてくださいな。

ほいで日清カップヌードルといえば我々にとっては『Kiss & Cry』と『This Is Love』だ。テレビで流れていたのが10年前という事で普通なら「若いファンの皆さんは御存知無いかもしれないが」という枕詞をつけたくなる所なんだが、なんせ『Kiss & Cry』にはそのものズバリの『今日は日清カップヌードル・カップヌードル・カップヌードル♪』という歌詞が出てくる。どれだけ後から若いファンが押し寄せてきてもこの歌をひとたび聴けば「あぁ、宇多田ヒカルは日清カップヌードルのタイアップをしたのかな? それとも好きなだけかな?」という印象をもつのだからいやはやこれは10年経とうが20年経とうが人々の記憶の片隅に残り続けるタイアップになるのかもしれない。

ただ、やはり世間的にはヒカルのイメージと商品が結びついているのはヒカル自身がコマーシャルに出演したケースである。サントリー天然水(2017)にPepsiNEX(2010)、NINTENDO DS(2004,5)などがあったが、やはりSONYのMD(1999)が忘れられない、というオールドファンは多い。何しろ飛ぶ鳥を落とす如き勢いがつきすぎて当時は「え、Hikkiって東芝EMIでしょ? 親会社の東芝のライバル会社のSONYのCMなんかに出ていいの?」という当然の疑問が浮かぶ中でも「今の宇多田ヒカルなら何でもありか」と妙な納得を生むような、そんな状況だったのだ。ほんに、恐ろしい時代じゃった(遠い目)。

それも今や昔。ヒカルはSONY系列のソニー・ミュージック・レーベルズの中のいちレーベルであるEPICに移籍が決まった(3月1日付らしいからまだ移籍はしてませんよ)。こうなればもう我が物顔でSONY系列のCMに出られる。だからってSONY損保のCMに出られたらガッカリなんだけどね。だって『いきあたりばったり』が信条のミュージシャンが損害保険て…いや、ギャグとしては確かに面白いな。まぁそれはいいとして。

現実味があるのは、やはりコラボレーション・ウォークマンだ。昨年は狼少年ことMan With A Missionが起用されていたが、今年はヒカルにも可能性が出てきた訳だ。例年通りだと9月新作発表の11月前後発売になるのがウォークマンのサイクルだから、EPICが既に強気に「年内に新作を発表する」と宣ってるのもこのコラボが既に決定しているからと考えれば合点がいく。かなり可能性は高いとみる。

ただ、ひとつ懸念がある。通常であればヒカルの新曲なり新作なりのハイレゾ音源をプリ・インストールしたコラボ・ウォークマンが発売になる。見た目は別に普通のウォークマンと変わらないヤツだ。しかし、だ。ひとから指摘されたのだが、「Hikkiなら“うぉーくまん”にしたがるはずだ。」と。ん? どういうこと? 「だから、うぉー"くま"んなんだってば!」

! そうか、そんなところにくまが居たのか…確かに、それを見つけてしまってはヤツも後には引き下がれまい…必ずやWALKMANをウォー"くま"ンにしてしまおうとするだろう…。

しかし、SONYがそれを許すか。かなり難しいと思われる。かといってヒカルが折れる未来も見えない。斯くして交渉は決裂、コラボ・ウォークマン企画は泡と消えたのではないかと…先程「かなり可能性は高い」と書いたが、斯様な理由により発言を撤回するのが妥当ではないかと思い悩んでいる所なのです…。

どうせくまパワーで泡になっちゃうんなら『Kuma Power Hour』をSONY Presentsで復活さしちゃくれませんかね…いや何でもないデス…。


まぁ自分で書いててどこまでが本気でどこまでが冗談なのかわからなくなってきましたが、取り敢えずSONY系列のCMにHikkiが出演してタイアップ・ソングが流れる日を心待ちにしておくと致しましょう。それ位なら罰は当たるまい…。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 沖田梶ご両人... 半歩差 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (新人)
2017-02-13 20:53:51
グローバルライツ(ソニーの音楽出版会社)の社員が、epic recordsと関係あるからですよ 覚えてますよね ヒカルデビューのきっかけの恩人 なのにソニーがヒカルデビューに首を縦に振らなかった バカですほんとソニーは ミスチルデビューーも蹴ってます 見る目ありません
あそこはもともと松田聖子のようなアイドルアーティストしかいませんvirginにはたくさん天才がいますがソニーにはいません つまらない口出しをせず、今まで通りマイペースでやっていってほしいです 
 
 
 
馬鹿ですねぇ(笑) (i_@曲の話じゃ・・・ありますw)
2017-02-18 11:21:48
その社員の方、未だにどなたか特定できていないのですが、
Epicの方だったの? もし差し支えなければ教えてくださいな。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。