無意識日記
宇多田光 word:i_
 



移籍に関して、さらっと書いてあったがいちばん気になったのは「年内に新作を発表予定」、これである。どこまで本気なのだろうか。

新曲を発表、ならまだわかる。しかし、「新作」という風に書かれてしまうとどうしたってニュー・フル・アルバムなのかと色めき立ってしまう。罪作りな表現である。だってまだ『Fantome』から半年経っていないのだぜ…。

しかし、過去のHikaruはほぼインターバル一年で新作を出した事が二度ある。2ndアルバム『Distance』は2001年3月末の発売で、3rdアルバム『DEEP RIVER』は2002年6月の中旬だった。約15ヶ月弱であれだけの力作を作ったのだから、いやはや、言葉を失う。

もう一回の方は更に極端だ。5thアルバム『HEART STATION』の発売が2008年3月下旬、UTADAの2ndアルバム『This Is The One』が2009年3月の中旬だった。何と一年かかっていないのだ。更にこの時は『点』と『線』の編集まで携わっていたのだ。正気の沙汰ではなかった。狂気だった。我々は爆速で新譜が聴けて驚喜乱舞してはいたが。

後者の場合、2007年の時点でヒカルが『日本語のアルバムと英語のアルバムを同時に作っているようなもの』と言っていた位だから少々特殊な事例といえるが、兎にも角にもヒカルがその気になったらインターバル一年で一枚のアルバムを出し本を二冊出すくらいのパワーを発揮するのだ。今回、『Fantome』の大好評を追い風にもう一枚アルバムを作ったとしても驚くにはあたらない。SONYも本気で正気なのかもしれん。

しかし、仮に例えばちょうど一年後に新譜を出す(例えば、2017年9月末に、ね)とするなら、そろそろ新曲のアナウンスがあってもいい頃、となってしまう。昨年の『花束を君に』を想起。いいのか。いいのかそれで。何だか我々、6年も待ったからか、待たされない事に慣れられていない気がする。「え、もう」と言いながら新曲を迎えてしまう事態。なんだかそういうのもちゃんと受け止められるように心境の準備をしておかないといけないかもね。嗚呼、何て贅沢な時間なんでしょ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« やってるうち... みじかっ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。