無意識日記
宇多田光 word:i_
 



先週末に新しいハイレゾウォークマンが発売された筈なのだが、店頭に触りに行けなかったな。Webをみたら発売延期だいややっぱり発売しますで随分ともたもたあたふたしているらしい。まぁのんびり実機があるタイミングで触りに行ってみますよ。

代わりに(?)2ちゃんねるの該当スレの書き込みを読んでたんだが、やはりというべきかタッチパネルを中心としたユーザーインターフェースの操作性にやや難があるという書き込みが目立った。これに関しては実際に自分で触ってみないと何も言えないな、とは一旦は思ったが、「2万曲も持ち歩いてどうするの」と言う人がちらほら居て、 「あれ?」となった。高齢化が進む2ちゃんねるのハイレゾウォークマンのスレッドなんていう中途半端なニッチでちらほらというのはデカい。うーむ。

ユーザーインターフェースってのは、ファイルが多くなればなるほどレスポートサックが悪くなるものだ。逆はない。もし仮にこの「ちらほら」がスレの多数派だとすると、彼らの「ユーザーインターフェースに難あり」の意見は、自分にとっては"(いい方に)過大評価"であるおそれがある。自分が、その、否定的な目で見られる「2万曲を持ち歩くユーザー」だからだ。自分が新しいウォークマンを使い始めれば、ちらほらの彼ら以上にユーザーインターフェースが"もっさり"になるのは間違いない。という訳で現在購入かなり躊躇中。

スレには5万曲以上入れてみた強者がいらっしゃって、「どう足掻いても3万4千曲以上入らない」と書いてくれてて大変参考になった。自分はそこまでの曲数は無いがそれは普通の音楽ファイルの話で、20年近いエアチェックファイルを除外している。そちらも含めて考えると3万4千というのは、遠いけどなくはない数なので。

それにしても、2万曲ってそんなに多いかね? 1日10曲平均で増えていったら2000日、6年足らずで到達する数だ。1日10曲は多すぎる、というのは1枚3000円の邦楽CDを想定しているからで、安価な中古盤や輸入盤、それに何といっても日本にはレンタルCDがある。場所にもよるだろうが、5枚1000円で借りれるから1枚あたり200円で済む。1枚10曲入っていたとしたら2000枚レンタルすれば2万曲になる。かかる費用は40万円。オーディオ一式揃えるのとそんな変わらん値段だ。しかも5年とか6年とかかけて、だから年間にするとスマホの通信費より低い。結構簡単に辿り着ける曲数だと思うのだが。

それにWebには大量に著作権の切れた野良MP3が転がっているしそれも含めていったらもうねぇ。


あれ、何の話をしようとしてたんだっけ。もし今回コラボウォークマンやってたらこの発売直後のゴタゴタに巻き込まれてただろうから、コラボしてなくてよかったね、って言おうとしてたのかな。忘れちゃったよ全く。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 金曜の雨の夜... またライヴと... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。