無意識日記
宇多田光 word:i_
 



3日前告知ってのも、梶さん随分考えたんだろうなぁ。早過ぎず遅過ぎず。告知即発表だと拡散し切れてないし間があくと忘れられてしまう。その間をとってちょうどいいインターバルがこれ位なんだろう。

もっと規模の大きいコンテンツや小さいコンテンツだとまた違ってくる。宇多田ヒカルの知名度やファンの熱量、情報が伝わるメディアの特性などを加味するとこれくらいで、となる。逆からみれば、告知から発表までのインターバルからレコード会社がそのアーティストをどう思っているかがみえてくる訳だ。もっと比較対象があればそのスケール感もわかりやすくなるのだが。

本来なら先行して公開されているアーティスト写真から次の曲の作風を推理したりしたくなるところなんだが、昨年の感じからすると見た目と音の連関がうまく行っているようには実はみえない。

多彩な曲を多数網羅する『Fantome』でビジュアルイメージを統一するのは至難の業だ。ジャケットのクレオパトラヘアで『人生最高の日』を歌われてもなんだかなぁという気分になるだろう。

そこらへんヒカルは心得ていて『30代はほどほど。』では歌を歌う段になったら着替えてきていた。『20代はイケイケ!』の時はそのまま歌ったのにえらい違いだ。

とはいえ、格好なんて歌がよければどうでもよくなる、というのもまた事実。自分も『少年時代』とヒカルのトレーナー姿×サラサラロングヘアは自分の中でわかちがたく結びついているが、格好が歌詞のイメージにそぐわないからといって気になるかというと、うーん。「いい歌だった」という記憶を彩るいち要素でしかない。

それに倣えば、『人生最高の日』をクレオパトラヘアで歌ったとしても、歌のパフォーマンス事態が図抜けていれば「これもありか」と妙に納得してしまう事もありえる。いや、きっとそうなるだろう。新しいアー写をみて私みたいに「なんか普通だな…」と思った人も、ヒカルがあの格好で見事なパフォーマンスを披露してくれれば、同じアー写も「いい写真じゃないか」と絶賛するようになるかもしれない。現金だが、事実なんじゃなかろうか。今の写真の出来なんてこれから歌われるヒカルの歌次第でどうとでもなるのだ。取り敢えず、だから、今夜か明日中か、どこかで耳にする新しい曲を聴いてから、そして、ミュージックビデオでもテレビ出演でもなんでも、ヒカルが顔を出して歌っているのを聴いてから、だわね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 25時間半後、... "仮住まい感" »
 
コメント
 
 
 
Unknown (新人)
2017-06-15 19:07:09
あれ以上短くできないからでしょう
 
 
 
髪型の話? (i_@バン・ヘイレンはもっと格好悪い)
2017-06-17 07:17:12
私スキンヘッドでもOKですよ
アタマの形がいいから似合うと思う
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。