無意識日記
宇多田光 word:i_
 



『ファントーム・アワー』ではCMが放送されている。民放だから当然なのだが、『Kuma Power Hour』の時はCMといってもほぼ番宣のみだった事を考えると、ほんの少しばかり新鮮である。

今回の制作に関しては、サントリーとRadikoが主なスポンサーのようだが、いちばん自社の"商品"を広告しているのはユニバーサル・ミュージックだ。一時間まるまる(ではなかったけど)『Fantome』のよさをアピール。合間に天然水とRadikoの宣伝が入る構成だ。天然水のBGMも『道』だから、あのCMを聴いて天然水と『道』とどっちを買いたくなったかは一度リスナーに訊いてみたい。

商売の話になると途端に下世話な印象を与えるが、それは、大抵の場合「宣伝です」と宣言しないからだ。下ネタトークを隠語と暗喩で固めるのと同様に、直接的な言い方を避けると途端にいかがわしくなる。よく「ステルス・マーケティング」という言われ方をするが、宣伝というものは多かれ少なかれステルス性をもっている。それをそれだと言わない事だ。

しかし、それで誰が困るという訳でもない。リスナーが「騙された」という印象を持たなければ、新しいコンテンツとの出逢いの仲介をしてくれている訳で。宣伝自体は非常にありがたいものなのだ。

今回の各「宣伝」の効果は、たちどころにあらわれるだろう。『Fantome』の売上枚数、「サントリー天然水」の出荷本数、「シェアラジオ」の利用回数。そのどれもを繋ぎ合わせているのが宇多田ヒカルとなると、彼女ひとりで「産業」を担っているのだなと痛感する。実際、今の我々は「好景気」にわいている。まるで80年代のような浮かれ気分。そういうのもたまになら、悪くないかもしれないね。

そして今夜は「NEWS ZERO」の2回目、明日夜はスペースシャワーテレビでヒカルも見たがっていた特集番組だ。まだまだ『Fantome』ウィークは、いや、『Fantome』月間は続いていく。暫くは夢の中みたいだな〜。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ファントーム... えんきでもない »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。