無意識日記
宇多田光 word:i_
 



いつも新曲発表の度に、いろんな人の期待を裏切ってきたんだろうなぁ、と回顧する。ヒカルがリスナーの期待を裏切らなかった曲といえば『Flavor Of Life』と『Prisomer Of Love』、あとは『Goodbye Happiness』とかかな。何が言いたいかといえば、新曲を出すと期待外れとやや距離を置く人と「今度の宇多田いいじゃん」と新たに食いつく人の両方が居て、それは他のアーティストの皆さんにもある事だけれど、ヒカルの場合は殊に甚だしい。総入れ替えの勢いなんじゃないかと。いやそれは言い過ぎだけど。

つまり、いつも「次は自分かもしれない」という不安と「今まで散々新曲を楽しめてきたんだから次も大丈夫」という自信の両方をもって私はヒカルの新曲を迎えている、という話。自分で言うのもバカバカしくアホらしいが、かなり音楽的趣味が広くないと出す歌のどれも好き、とはならない。流石に『Kuma Power Hour』の選曲の幅広さ、無節操さ(笑)にまではいかなくてもいいけれど、それなりに「理解できないジャンルはない」状態にしておかないと厳しい。

例えば英語の歌には興味ない、というだけでもうUtadaの活動期はアウトだろう。R&B/ソウルっぽいボーカルが好き、という人は『Passion』をどう受け止めたか。ダンサブルな『traveling』がいいねと言っていた人は『桜流しを聴いてくれただろうか。『DISTANCE』の爽やかな
ポップ・センスが気に入っていた人は荘重な『FINAL DISTANCE』に思うところはなかったのか。言い出したらキリがない。特にヒカルは落差が激しすぎる。

今夜聴ける新曲は一体どっちになるのやら。クォリティーは間違いなく高い。というか、そけに行けなかった場合ヒカルは締切を"落とす"んじゃないかな。落としたくないから死ぬ気で頑張る。兎に角頑張る。いつも『Apple And Cinnamon』みたいにあっという間に出来上がる訳じゃない。『For You』みたいに寝かせた曲もある。『テイク5』のように雌伏を経た曲もある。そういえば『Celebrate』に押し出された例の『しみったれたバラード』は今どうなっているのだろう。既に聴いたのかな。だとしたらどれだろう。あの仮タイトルの曲は…キリがない。今回のヒカルは締切を落としていない。従ってクォリティーも落としていない。ならば締切こそクォリティー。謎の三段論法だな。取り敢えず、信頼できる。

能書きはいい。歌って聴かせろ。それだけだ。黙って耳を、傾けよう。

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )


« ご長寿番組に... The Great HUG... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (新人)
2017-06-16 22:35:04
ほんと、幸せでやる気失くしてしまったんですかね
それともepicの録音技術が悪いんですかね
歌も下手に聞こえるし、歌詞も曲もタイトルも微妙ですね ただサビだけがいいですけど。。
やはり活動再開で『fantome』の名曲「花束を君に」を聞いたときの感動やら「道」のようなわくわく感はありませんね

もうアルバムは録音済みなんでしょうかね
ヒカルに全部歌い直すよう忠告してください
去年のようなやっぱ天才だ感はないですね
 
 
 
こほん (i_@ビバルディはアリかな)
2017-06-17 07:23:20
読者を代表して一言。

「どんな耳してるんや」

フルコーラス聴いて泣きなはれ。二重の意味で。
 
 
 
…ブルゾンみーwithB (みー)
2017-06-17 18:25:55
…待つの
 
 
 
そしてあみんか (i_@withT世代)
2017-06-19 20:51:13
で、どういう意味?(<わかってない)
 
 
 
あっ… (みー)
2017-06-19 23:58:27
すべってもたわぁ。ぷぷっ。
だからぁ…
 
 
 
ほな (i_@てっぺんまわった)
2017-06-20 00:04:35
直木三十五億、とかそういうやつでしょうか
 
 
 
オゥ…ワタシィ (みー)
2017-06-20 00:14:22
ニホンゴ…オゥ…ワカァ…リマァセ…ェ…ン
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。