無意識日記
宇多田光 word:i_
 



『ともだちwithOBKR』は、サウンドが地味な為『Fantome』の看板曲とはいかないかもしれないが、様々な側面からみて面白い、いや興味深い楽曲となっている。

いちばんの"革命"は、サビのメロディーと歌詞の組み合わせ方だ。リズミックに言葉が転がっていくみたいに歌が進んでいく。今までのヒカルにはなかったタイプだといえる。無理矢理に強いて言えば『甘いワナ』が近いかな。ホーン・セクションも共通しているが、ヒカルの中でプラスとリズムのアクセントはどこかで繋がっているのかもしれない。もっとも、1stアルバムでどこまでサウンドメイクに携わったかは定かではないが。

『甘いワナ』と決定的に違うのは、その「熱くならなさ」だろう。この、ベースラインを主軸にした隙間の多いサウンドもまた新機軸。ラッパの音が間抜けに響くリスクも厭わない勇気。またギターの音が涼しげでクラップ音も乾き切っているというか。熱帯のリゾート地で冷房をかけて涼んでるみたいな音造りだ。

したがって、歌詞に耳を傾けないとこの曲の持つ感情が素直に伝わってこない。「こましゃくれすぎている」とでも言っておこうか。アウトロも素っ気ないし、リズムに乗れないといつの間にか終わってしまう曲である。

サビのリズム。

『Oh ともだちにはなれないな にはなれないな Oh』―この歌詞が自然に乗っているのが、なんていうんだろう、静かに摩訶不思議だ。ゲシュタルト崩壊してからが勝負、という感じもする。気がついたら、このサビを口遊んでいる自分が居る。エモーショナルではないがクセになる。食べ物でいえば、味はどうって事ないんだけど噛み応えが何とも心地よくいつまでも口の中で弄んでしまいそうな、それこそ"スルメ曲"な気がする。味のなくなったチューインガムに対する妙な愛着を延々と引きずっているような。しかし、サウンドは全く派手に弾(はじ)けない。リゾート地の冷房も26℃くらいで、涼しいまでいかないじゃないかっていう感じ。

「明るい曲を歌っていてもどこか影がさす」とまで言われた切なさの伝道師による歌が、この曲では全くエモーショナルに響いてこない。しかし、歌詞を吟味すると今までのどの曲にもまして「切ないねぇ」と言いたくなる。誠に摩訶不思議。

思うに、ヒカルはこの曲で日本語の歌における「切なさ」の定義を拡充しにかかったのだ。苦しそうな歌い方をしなくても、他のもの、特に歌詞を組み合わせて「新しい切なさの歌」を開発した。そこがこの歌の真に革命的な点だ。

多分、その神髄はライブで体験するまでわからない。『ヒカルの5』の『COLORS』のように、スタジオバージョンではスカスカだったリズム隊に情熱的なパーカッションが加わる事で、まるで別の歌の如く生まれ変わる気がする。この『ともだち』という歌は。冷房の効いた室内から飛び出して熱帯の夜の盛り場や祭りの中に身を投じる位な勢いで。その時になって初めてこの歌の真の「切なさ」に気付ける。アルバムで次の曲が『真夏の通り雨』であってもしっかりと存在感を示せる、そんな曲なのだから。ある意味、過去との違いを明確に示しているという点に於いて、最も『Fantome』らしい作風の曲であるといえそうだ。ここから、ヒカルもこの曲自身も、まだまだ進化していくだろうて。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« “ハイレゾ”・... ジャズじゃぞ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。