無意識日記
宇多田光 word:i_
 



週末は元ソニーミュージックエンターテインメント社長だかなんだかだった丸山氏のインタビューを読んで過ごしてた。最初はプレステの記事を読み始めた筈だったのだが関連記事まで読み終える頃にはソニーインタラクティブやソニーミュージックに飽き足らない、ソニー全体の話にまで詳しく(?)なっていた。へぇ、ソニーはこういう会社なのか、と。

ヒカルがソニーに移籍した理由は今もってわからないが、要は活動にプラスになる企業であればそれでよいわけだ。前よりうまくいかないところがあったとしてもそれを上回るメリットがあり、総体的に前進したなと言えるようになれれば、移籍は成功だったと言ってよいだろう。

丸山氏のインタビューを読んで、人材交流の活発さ(苦し紛れの無茶ぶり人事のこと)に驚かされた。これなら、ソニーミュージックレーベルズの中にも、ソニーの他の部署、エレクトロニクスやらコンピュータやらの畑出身の人も居るかもしれない。人材と人脈は宝石と鉱脈である。手繰れるなら有り難い。

丸山氏は「ソニーはおとなのおもちゃ屋だ」と言い切っ…おっと書き方を間違えた、「高級おもちゃ屋」だと言い切った。生活必需品ではなく生活を豊かにする素材、要は娯楽品である。松下電器〜パナソニックが電球(二股ソケットとかああいうの)の成功から出発しているのに対してソニーはウォークマンやプレステがブランド化でのし上がってきたのだからまぁそりゃそうだ。

つまり、本来の企業風土として遊び心や創造心がある。どちらかといえばアーティストやクリエイターには心地よいのかもしれない。まぁ、今でも本当にそうなのかどうかは知らない。最近の個人的な印象は「雑だなぁ」という感じなので。Appleの方がよほどきめ細やかだ。

勿論、その社風々土がソニーグループ内のソニーミュージックレーベルズ内のいちレーベルであるエピックにまで及んでいる保証はないし、梶さんの存在感からしてエピック内に更に宇多田ヒカル専門のサブレーベルを立ち上げて治外法権化、まるで大使館の如く外様でありながら間借り地を我が家のようにして振る舞うかもしれない。いや、傲慢ではない。今まで成功してきたのだから手法は変えませんよという話。ソニーとしては収益さえ上げてくれれば文句はないのだから、寧ろその手法に応用がきくのであれば真似て拡散したいくらいだろう。現実には殆どの手法が「ずば抜けた宇多田ヒカルの才能」を前提としている為、応用といっても限られるだろうが。

とはいえ、利用できるものはどんどん利用していい。ソニー全体での人材交流があるのであれば、新しいハードウェアとのコラボレーションは今までより更に容易になるだろうし、こちらからのアプローチもありえる。ウォークマンの新製品に新曲を一曲プリインストールして貰うだけで相乗効果は計り知れない。どこまでそういったシナジーが見られるか。今後注目だ。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« カッコイイと... 今はまだダッ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (新人)
2017-05-15 16:00:13
ソニーに移籍したのは、ユニバがレコード音楽部門を19億ドルで買収。ソニーが音楽出版部門を22億ドルで買収。それくらい音楽出版著作権料は儲かるってことなんだと思います。やはり、宇多田が天才といっても、過去のお宝4000万枚はこれからの宇多田が稼げるでしょうか? 世界征服できれば別ですがまあ無理でしょう。ならば、過去のお宝4000万枚の出版が眠ってるソニーに行くのは、当然だと思います。
liveより出版は、宇多田の最も得意分野ですし
エピックは人脈があったんだと思います 休業とかさせてくれるし自由な雰囲気ですし、また他のレーベルに行くと~坂いう握手アイドルが100万枚シングル握手券売ってスタッフがのさばってますし、西野カナはダウンロード日本一ですから威張ってるでしょうし、ラルクヲタはうるさそうですし
どっちにしても、もうEMIはありません
くそソニーに利用されないように林檎さんと共にEMI魂を忘れずにいてもらいたいです
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。