無意識日記
宇多田光 word:i_
 



『For You』から17年、という事は、ヒカルはちょうど今その倍を生きた計算になる。そういうことに、なるな。

10代の頃のセンシティビティは戻ってはこないが、ある程度は思い出す事が出来る。特に、このように楽曲として残っている場合は強力である。逆にいえば、人間は感情の記憶をいとも簡単に忘れ去ってしまうという事だ。こうやって、目印代わりに歌でも作っておかないと。

しかし、子育てはまた契機になるかもしれない。目の前で「初めての感情の数々に戸惑いつつ生きる人間」が1人居るのだから。ヒカルは早速「無意識の時代」に注目していたが、今後も各年代を通じて、その時々の感情を克明に観察・記録していく事だろう。現実の子育ては、しかし、なかなかそうやって悠長に待っててくれやしませんが。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 本日ノ言イタ... 『触ってみて... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。