無意識日記
宇多田光 word:i_
 



SONYの業績が好調らしい。ソーシャルゲームのFateが当たったからだとか。ほんまかいな。ソシャゲのスケールって圧倒的で、深夜アニメの衰退とソーシャルゲームの隆盛が今いっぺんに起こっている。2017年はその転換点になったか。

ひとつ企画を当てて会社が潤うと正負両面の影響が強調される。潤沢な資金を背景に次のコンテンツを育て始められる事と、余裕ぶっこいてクォリティーの担保できないコンテンツにも投資してしまう事、だ。はっきり言ってこの2つの区別は事前にはつかない。今言っても仕方ない。同じにしか見えないんだから。

SONYグループ全体の業績好調がEPICレーベルに影響してくるには時間差があるだろう。人材交流の中で浮き出してくる筈だし。しかし勿論、SONY製品のCMに出始めたヒカルにとっては悪い話ではない。特にSONYは家電メーカー(主力は保険金融だと皆言ってますけども)としては、実用性より"遊び心"を重視した芸風なのが特徴だ。かのAIBOも漸く復活させるんだとか。オンライン月額3000円ときいて、「ゲームだけでなくペットまでオンラインかよSONY…」と思ったがこれが時代というヤツだろうな。

となると音楽でもmoraがいよいよハイレゾストリーミングを開始…しないか、流石に。ゲームもペットもオンライン、とくりゃ音楽だってオンラインで、となるのが自然な流れなんだが、日本じゃApple MusicもSpotifyも当たっているとは聞かないし、さてどうなりますやらだ。そもそも、ヒカルがまず今の日常でサブスクリプション・ミュージック・ストリーミング・サービス(長い)を利用しているかどうか、ここが問題となる。SONYがストリーミングサービスを刷新する気ならヒカルはイメージ・キャラクターの有力候補のひとりだろう。Xperiaにノイキャンワイヤレスイヤホンでハイレゾストリーミングを楽しもう、みたいな。ただヒカルは普段自分の曲聴かないからやや整合性に欠けるかな。

まぁSONYなのだ今は。それを踏まえた上で今後の展開に期待しよう。AIBOのくまのぬいぐるみバージョンとかな…。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「水曜日のダウンタウン」で日本人知名度ランキングTop100が発表されて、宇多田ヒカルの名が無かったそうな。あれま。ほんまかいな。

10代20代の子たちは知らなくても仕方がない。1999年当時まだこども或いは生まれていないのだから。音楽番組やワイドショー、スポーツ紙や週刊誌にも無縁だったろう。しかし30代以上では知名度100%近い筈である。ヒカルが出演するというだけで当時の各音楽番組が軒並み歴代最高視聴率を記録、中には普段より10%ポイント以上視聴率をUPさせる番組もあった程だ。つまり、ヒカルを見たいというだけで1000万人規模の人間が普段見ない番組を見た。興味が全く無い大人でも名前だけは否応無しに耳に入ってくる時期だったのだ。

思うに、ランキングの元になるアンケートの調査方法が「今テレビでよく見る人」に有利な方法だったのではないか。そもそも、名前を羅列して「この人を知っていますか?」と訊く方法だったらリストは膨大な長さになるし漏れは幾らでも出るしでとても正確にはアンケートできないだろう。逆に「有名だと思う人を挙げてください」と訊くのもどうかと思う。知りたいのは「宇多田ヒカルって知ってる?」「うん。歌手でしょ。」と答えられる人の割合なんだから。

しかし、本当に知名度が下がっているとしたらゆゆ式問題、いやさ由々しき問題かもしれない。ヒカルの発言力の源はセールスと知名度だ。知名度があるからタイアップだって次々と決まる。まぁそこは鶏と卵だけれども、より自由な制作環境を得ていく為にはそういった要素にも気を配る必要があるだろう。10代20代に関しては、どこでこれから歌を発表するかにかかっていそうだ。


とまぁ、せっかく各Webニュースが新情報を報じてくれている中危機感を煽る(?)話をしてしまったが、そのニュースを開く時の気分が何か違う。はて…? と思ったが、そうか写真がクーチャだからだ。今までのヒカルの記事といえば、写真が出る度に訳もなく気恥ずかしくなってしまって。いや別に写真がよくなかった訳じゃないけど、いつもと違う目線に晒される事を考えると妙にもぞもぞしてしまっていた。しかしクーチャの写真だと「どうだ、かっこいいだらふ?」と堂々といられる気がする。こんな所にアー写効果が出るなんて。自分の写真でもないのにね(笑)。"外に出す"写真はこういうのが大事なんだなぁと認識を新たにした次第です。いやぁ美麗だわ…。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )