無意識日記
宇多田光 word:i_
 




今回の件で沢山の報道―と呼べるのかどうかも疑問だが―が溢れ返っていて、改めてメディアとの付き合い方を考えさせられる。

再三書いてきたように、筆者は余りスポーツ紙や週刊誌、ワイドショーなどを見る習慣がないから、こういう対応にはやや戸惑っている。ミュージシャンがある程度ゴシップに晒されるのは仕方ないとは思うが、それにしてもこの「芸能人」という枠組みで扱われる感覚には、未だに慣れない。

身も蓋も無い事を言ってしまえば、メジャーレーベルからレコードを出さなければ、こんなことに惑わされることもないのにな、と思ってしまう。何故これだけあることないこと(であるかどうかすらわからない情報みたいな何か)を書かれてもある程度ガマンしなくてはいけないかというと、そういったタフなメディアに普段、商売上、多分に依存している面が大きいからである。

宮崎駿が言っていたように、例えば「アニメーション」という文化がこうやって今成立しているのは、日本という国が大体一億人サイズの国だという事実に基いている。つまり、あれだけの技術を集積できる程の訓練が積まれた人間が、毎週30分分のアニメーションを毎季40本量産できる位の才能を育むことができ(外注も多いけどね)、更に、それを資金的に援助できるだけの人間が大量に存在しなければならない。具体的に言えば円盤を買ってくれる人が万単位で存在しないといけない。どんな社会であれ今の文化程度では数万人のコアなアニメファンが現出する確率はせいぜい全体の数%だから、やはり億単位の人口が必要となる。そこが、「アニメ文化成立には億単位の人口が必要」という話の要諦だ。

そして、それが成立する為には、いちばん大きなファクターがある。その億単位のほぼ全員に、特定の情報を行き届かせられるシステムだ。幾ら一億人の人間が居ても、その中の数%を“炙り出す”方法論がなくてはどうにもならない。それを可能にしているのが「全国区のテレビ」であり、これは狭い国土に多数の人口が密集しているこの国ならではの特色であるといえる。

日本のメジャーレーベルは、今は流石に昔ほどではないが、この「全国ネットの地上波テレビ」のお世話になり続けている。このシステムを使わなければ、宇多田ヒカルが何百万枚も売る事はかなわなかっただろう。

そして、そのバーターとして、ミュージシャンを「芸能人」として扱ってゴシップの種にするのは、レコード会社としては痛し痒しであって、色んな議論を端折って結論だけ書いてしまえば、人をビジュアルから入って見るからゴシップの対象になってしまう。ラジオにも全国ネット番組は存在し、日本中で同じ番組を聴いているケースも数多くあるが、ミュージシャンは基本的にミュージシャンとしてしか扱われない。AMラジオでゴシップを取り上げる番組は数多くあるが、内容を聞いていると大体がテレビ経由の話だったりする。しかし、それはつまり「噂話」の域であって、ゴシップ対象である本人がそこで登場するわけではない。ここが違う。

つまり、ラジオはその人をそこに呼ばないとどうしたって「噂話」の域を出ず、もっと踏み込んだ話をしようとすると本人を呼んでくるしかないが、その状況でゴシップ話に花を咲かせる、なんてことは土台無理である。やる人も居るけれど。しかし、テレビは違う。映像だけ流して、噂話を重ねる事が可能である。ここのマジックを理解しておかないと、どんどん誤解が広がるだろう。ラジオだとただの噂話、飲み屋の延長線上で済むのだが、ワイドショーで本人の映像つきであーだこーだとコメントを被せるのは、対象のイメージ戦略そのものともいえる。これはある程度週刊誌もそうで、彼らが「写真」にこだわるのは、記事の説得力というか、与える印象の方向性を決定づけることができるからだ。視覚、ビジュアルに訴えるというのはそこが大きく異る。本人がそこに居ないのに、“まるでその人がそうであるかのように”思わせる事ができるのだ。ラジオで噂話をしている段階では、印象に残るのはコメンテーターの声でしかない。つまり、我々が井戸端会議で噂話に興じてるのと変わらない。これがテレビだと様相がまるで変わる。絵とコメントの組み合わせは、まるで「その人が実際そうであるかのように」思わせる事ができる。非常に大きなシステムなのだ。

話が長くなってすまん。この性質がうまく作用すれば、First LoveやFlavor Of Lifeのようなとんでもないビッグヒットを生み出す事もできる。その旨味と引換に、ミュージシャンもゴシップに晒される。如何ともし難い。


ただ、個人的なワガママを言ってしまえば、レコードを出してライブをする、という程度ならそこまで売れなくてもいいんだから、全国ネットの地上波テレビに出ないようにすればいいんじゃないかな、とも思う。んだが、正直もう後戻りなんてできない。今後ヒカルがインディーズで活動しようと、定着してしまったこのとんでもない知名度を消すことはできない。しかも、レコード契約が世界契約になったのだから自動的に日本国内での活動もメジャーレーベル前提になる。やっぱり、我々はこの巨大メディアとの付き合い方をこれからも考え続けなければならない。まだまだ先は長い。そこらへんの具体的な話は、また次回以降のお話で。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




21日J-WaveTokio100で光が
「CocteauTwinsのエリザベス・フレイザーとジェフ・バックリーのデュエットソングがある」

とコメントしていたので、ぐぐってみた。みつけた
なるほど、正規のリリースではなくデモ音源なのか。
恋人同士だったことすら知らなかった。不覚。

しかし、光の大好きなアーティスト同士がこうやって共演しているのは面白い。
昔一度紹介したが、エリザベス・フレイザーは同じく光の大好きなTheBlueNileのポール・ブキャナンともデュエットしている。それがこちら↓

Downside up-Peter Gabriel & Paul Buchanan & Elizabeth Frazer


なかなか、これを聴いて光の嗜好を把握するのは難しい。
でも、全く参考にならないことはないだろう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




えーっ

すかさずBeautiful World聴いて補完中。

「本作品には光の変化が激しい部分が、、、」

リミックスのことかーっ!(違います)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




長過ぎてどこから感想を書けばいいのやら(^^;

まぁ、じっくりいきます。

渋谷さんは昔からこんな感じ。光もいつもどおりだな。


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




20日で時間差、22日放送の地域もあるので、内容についてはしばらく米欄でw

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




クソワロタwwwwwwなんだあれwwwwwwベムベラベロどれでもいいやwww

ま、BeMyLastんときもPVやらMステやらで「なんだあれ」と言われてきてるんだし、
今更そんなに驚かないが、(珍しく)mixiを見てみたらまぁ壮大に釣られてること。
もしHikkiが読んでたら「大漁々々♪」と大喜びに違いない。
釣り耐性ないな~。或いは、ファン歴が浅いのか。
(いちおう言っておくが、根拠もないのにひとのことを
 整形だの顔面麻痺だの口内裂傷だのと言うのは場合によっては名誉棄損にあたるので
 mixiという特殊空間だからよいものの(いいのかねぇ)、公の場では言わないようにね~
 ま、みんな心配で言ってるんだけどねいつものことながら。)

もともと、コイツはルックスが安定したことなんかないのよね。
CubicU時代は「15のくせに大人っぽい」って風体で真夜中の王国に出て、
99年夏のテレビ出演はちとナチュラルめ、中毒以降のメイク&ファッションは
当時「大論争」といっていいくらい話題になった。
そういうのに疎い私は「ええ曲書いたなぁ立派なチャレンジや」と
全く違うこと考えていた。ぶっちゃけ格好なんてどうでもよかったw

その後もむっちむちのボヘサマやすれっからしのキャンシーや
コスプレ大王のFD&トラベなど、一定したアピアランスなんてなかった。

そして、一貫して「Hikkiはナチュラルが一番」は、もう完全に定説なんだよね。
本人がそれを一番よくわかっている、ってのは、
最近のメッセの自画撮り見りゃ一目瞭然。
自分のかわいいトコみえてないと、あんな写真撮れへんよ。

それをわかったうえでこの10年、ずっといろんな“視覚効果”(笑)を試してきたんだ。
んで、Passionじゃないけど「なるほど、これは“ナシ”か」というのを
それなりに見極めてる、、、というか遊んでるんだと思われ。
みんなが自分の見た目で右往左往してるのを眺めて楽しむ愉快犯的行動でもある。
とてもイイ趣味とはいえないがな。(笑)

たぶん、理想としては椎名林檎姐やら木村カエラナイみたいに
「いっつも違う新しいアピアランスで驚かせてくれる」みたいなのを考えてるんだろうが、
その悉くを“ハズ”してきてるのが、宇多田ヒカルの素晴らしいところ。
ホント、どこまで冗談なんだろうね~。
だってさ、メッセに
私服でちょー適当な感じでやるつもりなんだけど、がんばりま~す!
って書いておきながら、今日のベラメイクだよ!?(爆)
狙ってやってるとしか思えない。


ついでにまじめな話も書いておくと。
「Hikkiが痩せてて心配」ってのも目についた。
太ったら太ったで不満で痩せたら痩せたで心配、、、こんなこと
10年間もずっと言われてきてたらいちいち気にしなくなっていくわな(笑)。

どうも意識が乖離してるなぁ、なんでかなぁ、と思ったら、あれだ、
私は「歌い手は太ってる方が有利」っていう風に思ってるからだ。
オペラ歌手持ち出すまでもなく、シンガーはカラダがデカイ方がよく鳴る。
ぶっちゃけ痩せてるなんてもってのほかだろう。力士に美声が多いとか、あるよね。
いい歌を聴かせたければ、できるだけ筋トレを積んでごっついカラダを作るのがいい。
まぁ、そういう“常識”みたいなのがあるので違う意味で私は「痩せたら心配」だわ。
声が出なくなるからねぇ。

あぁ、でも、一方で「ロック・シンガー」「ステージ・パフォーマー」としては
痩せてる、というかシマった体つきのほうが有利だわな。
ステージを縦横無尽に走り回りながら歌うタイプは、体脂肪率が低い方がいいみたい。
別に統計とったわけではなく、なんとなくそう思う、って程度ですが。
どっちのスタイルのヴォーカリストになるかは、まぁHikkiのシュミに任せるけども。
やってるうちに見えてくるものもあるだろうしな。


、、、といいつつ、今夜のCDTVみてたら、
みんなしっかりとコンディショニングしてるんだな~と思った。
女子はみんなばっちりシェイプアップして歌ってる。声も概ね出てるし。
人前に出るの好きそう。ま、その差か。

「裏方が母親譲りの美形と美声を持ってしまったお陰で衆目に晒される」

、、もう、この10年ずっと言い続けているようなテーマだねぇ。



駄文になった(苦笑)。そういう日もあるってことで。


コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )