ぶつくさ

なんやかんや、ぶつくさ言うところ

今時官僚が主役ぢゃね~

2009-08-30 | Weblog

昭和30年頃の通産省官僚を題材にしたドラマがありました。
一応モデルのいる物語ですが、ドラマですからあくまでフィクション。
まぁ気に入って見ていたのであります。
主人公が官僚ですから、官僚ががんばってるようになってます。
政治家と大蔵省と大蔵天下りの頭取が悪者でした。

「日本の○×産業発展の為・・・自由化阻止」

大義名分の下、がんばってるようになってました。
うがった見方をすると、○×産業界を衰退させると天下り先がなくなるって事かしらね
今時の官僚だとそう思われちゃうね

それと、やはり官僚の仕事ってのは、予算獲得のために法案を作り、
政治家を操って国会を通過させる事ってのが良くわかりました。
だから政治家と大蔵が相手なのだ。

面白いドラマなんだけど、数字は悪かったそうな。
今、官僚は悪の権化みたいにされてるからかね




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そこ減税いるか? | トップ | せーけんこーたいだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事