★★★ 久慈河畔便り ★★★ … 猛禽撮影、質問?、変だよ!、…趣味から老々介護の経験・感想など

猛禽の姿に見る自然環境の変化、質問、変だよ、趣味から老々介護の経験・感想など同好の方々との積極的な情報交換を希望します。

ダム湖の森の不明鳥(1)

2017年06月19日 13時27分01秒 | 67_野鳥一般

県北のダムでも、地元の河でも、目ぼしい対象は営巣期に入ったらしく、なかなか姿を見せません。そこで、県央部の県営ダムの話を思い出しました。当時の話では、サシバの渡りが見られる、とかでした。

 

前に一度訪ねた時の印象では、それらしい雰囲気だけど、視界が狭く、私の性に合わない感じ。

そこで今年は、折角規模の小さいダム湖、対岸から俯瞰する作戦に…。

 

狭い周遊道路の片側に車を寄せている時から、急峻な林地の上の方で、何やら大型そうな野鳥の雛の騒ぐ声が聞こえ、幸先良さそう。

 

30分も経った頃、先の雛の声の辺りで「ギィー、ギィー、ギィー、」と煩く騒ぎだし、3羽ほどが湖上上空に飛び出しました。予期せぬ方角に一家でお出まし、慌てました。それに、木々に邪魔されて、漸く1羽を捕捉しました。最低の情報ですが、嘴の様子から、猛禽には違いなさそう。

 距離は300m超えでしょうか、同定は難しそう。つまり、翼の模様は、待望のクマさんに似ている一方、顔の模様がハヤブサの類です。運悪く、トビやカラスなど、大きさを比較できるものが出ません。

 

 

 その後1時間ほど静かでしたので、こちらの林地を俯瞰すべく、対岸に移動しました。如何に急峻でも、200~300mも離れたら、彼らの動きは見えるはずです。

30分も過ぎたころ、南の空に小さな飛翔物。ちょっと目を離した隙に、300mほど離れた古木の天辺に、小さくない野鳥が留っています。

それは、古木に留るや否や、特徴ある強請り(ねだり)声を発しています。餌を強請る雛というより、交尾を強請る雌の仕草です。

 

 

  

他方で、断続する強めの風に煽られて、必至の仕草で体勢を保とうとする様は、まるで幼鳥そのものです。

 

 

 

折を見て、車で100mほど接近しましたが、確定的な情報は得られませんでした。

 

 

  

カメラ経由で観察しても、ほぼ完全な逆光だし、比較体も出現せず、厳しく見ればハヤブサの仲間、期待を込めた贔屓目でクマタカ、という予測は進展しません。

運悪く、この頃から遠雷が近雷になりかけ、雨も本格化しそう。帰途、高齢者住宅に転居した知人に会う約束も有り、不明鳥を放置して、急ぎ帰途に就いたのでした。

解明は後日に譲りました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダム湖の森の不明鳥は … ハ... | トップ | コジュケイを守れたかな? …... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。