★★★ 久慈河畔便り ★★★ … 猛禽撮影、質問?、変だよ!、…趣味から老々介護の経験・感想など

猛禽の姿に見る自然環境の変化、質問、変だよ、趣味から老々介護の経験・感想など同好の方々との積極的な情報交換を希望します。

ダム湖の森の不明鳥は … ハヤブサ … のようです(その2)

2017年06月19日 10時22分41秒 | 1.猛禽_11_ハヤブサ

 二日後、もう少し光の条件を改善しようと再訪問しました。この日は日曜日で、健康志向の走り人や散歩者、PCで有名な釣り人で賑わっていましたので、問題の不明鳥に逢えるかどうか不安になりました。 

 午前はソフトの練習だったので、現場到着は2時過ぎ。30分も経った頃、北の上空に現れた小さな飛翔体が、南西、上流側に消えました。

 

 

 

その15分くらい後、ダム湖西端の森が急に騒がしくなりました。大型の野鳥が、交尾中の声です。数百m離れていますから、相当大きな声です。

あまり経験は多くないですが、チョウゲンボウも、鉄橋の構造材の上で、相当派手な声を出して交尾しますが、音量はさほど大きくなかったような…。

他方、オオタカやサシバの交尾も目撃していますが、何れも静かな営みでした。

 

程無くして、トビが飛び出してきました。すると、それに突っかかるようにもう一羽。これは少し小さめ。どうやら、ここ数日問題にしている不明鳥です。下図で、中央がトビ、右上が不明鳥の一部です。音量から推測して、交尾していたのはトビかな?、とも思いましたが、不確かです。

 

 

 

 両者は一度だけ交錯しただけで、あとは、トビは木の間に、不明鳥は暫らく飛翔した後、先日と同じ古木の天辺に落ち着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

大きさの違いから、即座に不明鳥=ハヤブサ、と結論できました。トビとの大きさ比較と、独特の顔の模様からです。胸の模様と色から、第1回夏とでも言えましょうか?

天然の崖は見えず、崩壊防止のコンクリート製の保護斜面が有るくらいの林地で、ハヤブサ一家が生活しているとは、少し場違いな印象でしたが…。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サシバ 再来 雪辱成ったか? | トップ | ダム湖の森の不明鳥(1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。