バカな男の独り言・・『良気三昧』

自分の生活観や人生観・価値観・生き様・・・
私生活を日記に綴っていきます。
宜しかったら覗いて行って下さい

記録・・病歴と今 第4章

2017年09月24日 18時12分59秒 | 日常
今日は仕事で更新が今頃になってます

ここからの記事は難しくてどこまで書いてよいか分かりません

書きたいことは山ほどありますがとてもとても長くなってしまうので・・・

病院内の汚さ・・仕返し・・責任逃れ

嫌っと思うほど味わいました

だから文章にするのも難しくどういう風に書いたら良いか悩んでます

決して勿体ぶっているのではなくて文章の組み立ても難しくてね



さぁ3章のつづき4章に少しだけ入りましょう

腕が動かなくなり医療センターのリハビリを受けることになったのです

まづ耳鼻科医とリハビリとの打ち合わせで2ヶ月前の肩腱板断裂の手術後

本格的にリハビリに入って良いのか難しい問題が生じました

どこまでリハビリをしてよいのかです

そこで医療センターの整形外科の肩の医師の受診を受けてから・・・となり

整形外科に診察に行きましたが

その日は肩の医師が不在の為に翌日受診することになったのです

翌日指定された時間に整形外来に行きました

俺の番になり看護師さんから呼ばれて診察室に入ると・・・何と以前腰の痛みで受診した医師です

覚えておりますでしょうか?

何とも無いからかかりつけのクリニックに戻りなさいと言った医師です

その時の会話は書いてありませんがこう言ったのです

〚今まで行ってたペインクリニックに戻りなさい・・・そこのクリニックからは患者を紹介もらって

いるし、此方からもそのクリニックに患者を回しているのだから・・〛

その時なんだバーター取引かよ・・・と思いました

でもそんなもんで無く絶対何処かに異常があると俺は感じてましたので

〚絶対可怪しいですどこかに異常があるはずです・・・もっと詳しく診て下さいよ・・〛って訴えたのでした

それに対してイヤイヤ〚じゃあ脊髄を診る医者が週に2回来るから診てもらったらいいだろ。。。〛

その結果その脊髄を診る医師に診てもらって硬膜内髄外腫瘍がみつかり

直ぐ様大学病院に紹介状を書いてもらったのです

思い出した方もおられるでしょう

その脊髄の医師に診てもらわなければもっと酷い事になっていたでしょうね

さて話しを戻しましょう

肩の医師が不在だから前日の診察が受けられなかったで次の日になったのに・・・

なんで肩の医師がいるのにお偉いさんが出てくるんだ・・と不審に思いました

座った途端にいきなり〚ここでした手術じゃないのになんで俺があんたの肩をわかるんだ

手術した大学の医師に受診して聞いてこい・・・〛

他にもグズグズ文句を言い出しました

怒り出したのです

肩の医師に会わせず自らがシャシャリ出て俺に文句を言いたかったとしか思えません

自分が俺の病気を見抜けず手伝いで来ている医師が病気を発見したので恨みをもっているとしか思えません

これがその科のトップかよ・・・

その医師に電話が入りました

電話の相手にも威張り散らしグズグズ長話になりました

それを見かねて看護師が目配せして俺を呼びました

小さな声で〚もう良いから病室に戻りなさい〛

病室に戻り耳鼻科の医師にその事を話しました

3人の医師は驚き困った顔をして〚 ◯◯さん・・大学で受診するにはここを退院しないと行けないんだよ・・

一度出たら再入院できないからね・・・追い出そうとしたのかな?〛

医師たちは大学病院のDrの名前と電話番号を聞きました

そしてFAXで問い合わせるとの事でリハビリを開始することになったのです

4~5日してFAXで返答が来たと教えてくれました

そこには〚運動制限はありません〛

取り敢えずそのまま入院してリハビリをする事になったのです

耳鼻科の医師曰く〚◯◯さんいつまでも入院していて良いからね・・〛

お分かりでしょうか・・・

今思い出しても腹が立ちます

長くなりました

前編という事で・・・・・



『ヒミツ』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記録・・病歴と今 第3章の... | トップ | 今日は休診日につき医療のお... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (グライセン)
2017-09-24 20:02:42
ケンスケさん、同じように嫌な事が沢山ありましたね。よくわかります。書き方が難しい事。私も、これまでの事を少し前、アップしました。医者の不誠実には泣かされました。でも今は、利用しようと割りきっています。悔しいですね。
ケンスケ様 (Unknown)
2017-09-25 07:33:14
病院信仰の人が多いけど
病院が最もモウケル主義だと言う事です
失敗しても自分のせいじゃない
経験しないと分かりませんよね
命と引き換えですからね
病院は選ぶべきです

出たら入れない・・・今は病院はベッドが空いて
隣にサコジュウを立てて他へは患者さんを回さないようになっています
そして他の医者に掛かりたいと言うとサコジュウも
同じ言葉で脅かします
鞘腫 (ちー)
2017-09-25 12:53:54
画像で見てみました。
人それぞれの体質で、出来やすい人、そうでない人。
病だけでなく、人生で「なんで自分が?」ってある。
ケンスケさんは、ご自分が強いのですか
すぐにメソメソする私。メソメソして発散しないと
次に行かれないから。メソメソが枯れたら
立ち上がり、両手を握り仁王立ち!
「頑張れ自分!えいえいおー!」儀式です^^

病院には医者だけでなく、看護師さん、患者さん
白い巨塔の中に居る患者さんも巻き込まれる。
経験は大事だけど、人命は「蚊帳の外」
何を成すための「白衣」なのか。

同じ言葉で脅かします  白衣の人が。。。
とんでもない医者ですね。 (きなこママ)
2017-09-25 13:59:25
もともと 医療不信で 医者嫌いですが、
ケンスケさんのブログを読んで
確信しましたよ。
自分の体の声を聴くということの大切さ。
そういう意味で セカンド やサードオピニオンが大事なんですよね。
同系列でないセカンド で見てもらうということです。
本当に ほとんどの医者は全く信頼できません。
それは 私も同感ですね。
皆さまコメント有難うございます (ケンスケ)
2017-09-25 18:43:13
グライセンさん
Unknownさん
ちーさん
キナコままさん
有難うございます
まだ全部ではないのですが
unknownの言うように病院は儲け主義のようだし
グライセンさんの言うように不誠実や
キナコままさんの言うセカンドオピニオンにしても一度出たら戻れない
病院には患者さんの不利益にはなりません
なんて書いてありますが・・・どうでしょうね?
ちーさんは腫瘍の事調べられたようですが
俺は確かに何で・・・?というのはありますが
まぁしょうがないでしょうね
そうですかメソメソしちゃうんですね
そうですね本当に患者に寄り添う良い医師は少ないのかもですね
皆さまの色々な想いを身近に感じます
有難うございました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。