バカな男の独り言・・『良気三昧』

自分の生活観や人生観・価値観・生き様・・・
私生活を日記に綴っていきます。
宜しかったら覗いて行って下さい

記録・・病歴と今2回目

2017年09月18日 13時22分52秒 | 日常
昨日の記事で励ましのコメントを頂きまして大変心強く思います

有難うございます


胆嚢癌をあまりにも簡単に綴りました

その頃の俺には癌という病に特別怖さを感じていなかったのです

しかしここには癌の病に怯えて毎日辛い思いで生活をなさっております

決して癌を甘く見ている訳ではありませんのでご理解頂きたいと思います


さて昨日のつづきですが、病名をまだ書いてません

〚硬膜内髄外腫瘍〛です。これがやっかいな病で未だに下半身の麻痺と痺れに快復に希望は持てないようです

手術前のリスク説明で排尿・排便に不具合が生じると聞いた時に

いよいよオシメの生活になるのか不安でした

手術の結果若干尿道の違和感があり排便に関しては今はもう不具合を感じる事はありません

始めの頃は大便が出ている感じはありましたが太さとか量は分かりませんでした

排尿も術後に尿道がくすぐったく途中で止めてします事が多々ありましたが

これも今は若干くすぐったくも当時よりも改善になったようです

医師の説明で腫瘍が他の神経2本に絡まって取り除くのにかなり時間を要したようです

この硬膜内髄外腫瘍は10万人に一人の罹患率で女性に多いと聞いてます

まぁ何とか手術も成功らしく翌日から下半身のリハビリとなりました

殆ど動きが悪くなった足先の感覚も中々戻らず床に張ったドットに足の親指でタッチするのですが

思うように足は動かずイライラしたものです

1月9日に入院して手術が21日結構日にちが開きましたね

そして翌2月末に今度はリハビリ病院へ転院です

そこは休日もなく毎日リハビリプログラムにそって1日3回リハビリでした

始めは階段一段も登れませんでしたが1ヶ月もすると手すりに捕まりながらやっと上のフロアーまで行けました

リハビリ室では階段上り・エアロバイク・床に貼られたテープの上をまっすぐ歩く練習

ボールを蹴りながら前に歩く・・本当に何気ない動作も大変でした

自主訓練として病棟内をぐるぐる回り20分歩いたり日々のリハビリの積み重ねでした

さぁつまらない話で恐縮してます

(旧)社会保険病院での看護師さんとの色々な話や女性患者さんとの面白い話は排除してます

そじは男と女だけしかいないので浮ついた話や看護師さんのやきモチ等面白い話もありました

自分で言うのもなんですが・・・結構人気者でしたよ(笑)


丁度1年前に胆嚢癌摘出

1年に一回全身麻酔は怖いです

すぐに意識が無くなり気がつけば手術は終わっている

しかしこの麻酔の間に生きて戻れるのかとても心配でした

 
話は戻りますがこのリハビリ病院では5月の連休前に退院しました

さぁ~とうとう一人でリハビリの継続

その病院では外来リハビリがないので相談する方もおりません

とても不安でしたね

毎日毎日杖をついて家の回りを初めは1キロから

だんだん距離をの伸ばして2キロ・3キロと

3ヶ月もすると杖なしで歩くように心がけましたね

さぁ平成26年もリハビリに徹して一生懸命生きましたよ


27年に又全身麻酔が待っているとも知らずにね

今度は第二章として思い出しながら書いていきます


ありゃりゃ~長くなりましたね

ここまで読んで頂いて有難うございます





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加