なんとかなるさ~

母です。非常勤講師です。未婚です。

母の日

2017-05-16 16:05:01 | その他もろもろ
先週の日曜日は母の日ということで、長野のおみやげもあったし、姉も一緒に実家に帰ってきました。
あまり時間もなくて、ほんとにおみやげ渡しただけ、みたいな感じになってしまったのですが、
私の帰りが遅い日のことが話に出て、前から来なくていいって言ってるのに、「どうしても心配だからお弁当持って行く」と言われました。

夜間のクラスがある時は帰りが9時過ぎになってしまうので、家庭教師をつけて、少しでも一人でいる時間を少なくしようとはしております。
とはいっても、息子くんは一人で夕飯を食べることになるし、確かに夜一人で留守番させるのは心配なんだけど、
月一のペースで子父に来てもらい、最終週は家庭教師の日をずらして、息子を学校に連れていくようにもしてたんです。
(とはいってもまだ1か月しか経ってないけど…)

最初からおばばを頼りにするつもりはなかったし、どっちかというと来てもらわなくてもいいように、これでもお金も使って工夫しているつもりなのに、どうしても心配だといわれてしまいました。

そりゃあ夕飯の心配もしなくてすむし、家庭教師も頼まなくてもいいっちゅうことだし、ほんとは助かるはずなんだけど、どうしても喜べないっていうか、気が重いっていうか、毎週泊まりで来られるのかと思うと、どうすれば心配されずにすむのかをずっと考えてしまっている自分がいます。

「来なくてもいい」ではなく、「来てほしくない」と正直に言えば、話もはやいんだろうけど、やはりそこはちょっと気が引けて、母の日で、相変わらず帰りには食べ物やら日用品をあれこれ持たせてくれたのに、素直に感謝できないまま、「自分ってやっぱり親不孝者」と思いながら帰ってきました。

ちなみに、私自身も母であり、何かしら期待したくもなるわけですが、なんもないんだろうなぁと思ったので、土曜日にお金がなくても家の手伝いするとか、自分のできることもあるだろうよ、と話したものの、結局週末の仕事になっている皿洗いだけ…
実家でおばあちゃんに言われて、ようやくカードと肩たたき券をくれましたけど、
サザエさんでの母の日を見ながら、「こんなのテレビだけやないと~?」と言われてしまいました。


そもそも感謝なんて、こっちから要求するものではないし、感謝しろって思うことが間違ってるんですよね。
ここ数年ねぎらってもらえてないので、プレゼント欲しい度が高まってるんだろうな。
今年の誕生日は自分でほしいモノ買うことにします。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上高地から岳沢小屋へ | トップ | 大人女子のためのお金のセミナー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。