黄道十二無用の用

学会員お断り

千恵子抄

2017-02-12 08:58:52 | 千恵子抄










盥の中でぴしやりとはねる音がする。
夜が更けると小刀の刃が冴える。
木を削るのは冬の夜の北風の為事である。
煖炉に入れる石炭が無くなつても、
鯰よ、
お前は氷の下でむしろ莫大な夢を食ふか。
檜の木片は私の眷族、
千恵子は貧におどろかない。
鯰よ、
お前の鰭に剣があり、
お前の尻尾に触角があり、
お前の鰓に黒金の覆輪があり、
さうしてお前の楽天にそんな石頭があるといふのは、
何と面白い私の為事への挨拶であらう。
風が落ちて板の間に蘭の香ひがする。
千恵子は寝た。
私は彫りかけの鯰を傍へ押しやり、
研水を新しくして
更に鋭い明日の小刀を瀏瀏と研ぐ。


検索用・片山千恵子
ジャンル:
ニュースキャスター
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デミちゃん | トップ | 170207の文文 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

千恵子抄」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL