海山鍼灸院(うみやまハリきゅういん)

蕨市、川口市のいやしの鍼灸院 海山鍼灸院の公式ページです。

治療の進め方

2016-11-28 08:53:37 | 治療の進め方

治療の進め方

1.問診→2.脈診→3.腹診→4.施術

1.問診・・・現在の身体のつらいところ及び身体の状態をお聴きします。何でも遠慮なくお話し下さい。

2.脈診・・・脈の状態を観て身体のどの部分が悪いかを診察します。

3.腹診・・・お腹の寒熱(かんねつ:熱い・冷たい)
        硬結(こうけつ:お腹の中の硬い部分)
        陥下(かんげ:お腹の表面のへこみ)
        を観てお腹の状態を診察します。

4.施術(せじゅつ)・・・東洋医学に基づいて総合的に判断し、鍼や灸にて治療していきます。  

           

左:鍼にて施術                      右:透熱灸(とうねつきゅう) ;八分灸
      鍼はステンレス鍼の使い捨てです。           もぐさが八分かた燃えたところで消します。
                                    温かいか、チクとするくらいです。火力が
                                    小さいので浅い層の阻滞に効果があります。                                 
                                                                  

 

             

 左:知熱灸(ちねつきゅう)               右:灸頭針(きゅうとうしん) 
    熱くなったらもぐさを取り除き、気化熱         もぐさの輻射熱と鍼を利用して、じっくり
    を利用し、浅い層でのほてり、赤みなど        深い層まで温めます。冷えによる腰痛   
    に効果があります。捻挫などの時にします。      などに効果があります。

 

鍼・灸

 ・鍼はステンレス鍼の使い捨てですので安心安全です。

 


 ・灸は透熱灸、知熱灸、灸頭鍼を身体の症状により
 使い分けます

  写真左より米粒、透熱灸、知熱灸、灸頭鍼

 

トップへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海山鍼灸院の地図と診療時間 | トップ | 料金 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。