泣きながら、撤退同盟

このブログの半分は、薄情でできています。。。

Read Me!

2006-07-23 | Read Me!(このブログについて
えっと、はじめて2年近く立つわけで、
何を今更という感じなのですが、
このブログの説明です。



このブログのタイトルを今の泣きながら撤退同盟にしたのには
ちゃんと理由があります。


この今のタイトルにしてからしばらく、
「キタムラべんごしに倣って、泣きながら撤退するブログです」
とのキャプションをつけていた時もあったのですが、
その通りの理由です。



実は、
普段話題を取り上げることも少ないのですが、
わたくしめは日曜日は教会に行く
いわゆる「クリスチャン」であります。


さて、
教会と言うところの説明をしたいと思います。

はっきり言います。
教会は善人が行くところではありません
では、だれが行っているかというと
「俺って、ダメだけど、どう?
と思う人が行くところです。

ですので、
日曜日教会に行っているクリスチャンというのは
あくまでもふつうのにんげんです。
普通に社会人として、学生として、
アナタの隣に、
いる、かも

ということで、
聖書というスタンダードを知っている者として
少しくまともなことを言う他は
あまり専門的なキリスト教用語を使わないように
それよりはどちらかというと世俗的な言い回しを多用するように
逆に心がけてきました。




さて、
冒頭に掲げました、
なぜこのブログのタイトルを泣きながら撤退同盟にしたか
ということですが、

例の「行列の出来る法律相談所」を見ていた時、
まじめ一辺倒(というキャラの)北村弁護士に対し、
司会の島田紳助が
きれいなゲストが北村弁護士に「今夜、私、帰りたくないの」と言ったとしたらどうする?
と聞いた時
件の北村弁護士は
「そのときは、泣きながら撤退する」と宣ったため
伸介がおもしろがってそれを流布させた
と言う事由を元にしています。


このところで、
教会に通っているクリスチャンとして
感じたことがありました。

この世の中は、
誘惑がいっぱいです

北村弁護士は
弁護士として、その仕事の性質上
不祥事(妻子ある身なのに、ほかの女性とつきあう)を起こすべきでないとの信念から
そのように
きれいな女性に誘われても、
撤退(「泣きながら」というのが、いいじゃないですか!!!)する
わけなのです。


わたくしめはクリスチャンです。
別に聖職(牧師とか司祭とか)に就いているわけではありませんが
一般の信徒として
日々生活しております。
まさに「祈り、働け」の世界であります

一般の平信徒として生活しておりますが、
聖書を生活の基盤として重きを置いている事には
代わりがありません。
その聖書にこういう箇所があります。
そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。(ロマ12:1)


俗世でも
自分の仕事のために
泣きながら撤退する人はいる。

ならば、
↑のように聖書に生活の基盤を起き
尚かつ聖書がそのように言っているのならば
なおさら
(人に言われるまでもなく)
自分の生活を(色々な面に於いて)清く保つことは
当たり前なことなのではなかろうか

と思ったからなのです。


ですから、
「キタムラべんごしの精神に倣って、泣きながら撤退するブログです」なのです。


だって、
泣きながら
ってのが
いいじゃないですか?



人生、
そんなもんじゃありません?
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうなることやら。。。。。。 | トップ | これぞ、緊張の夏! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。