泣きながら、撤退同盟

このブログの半分は、薄情でできています。。。

男ってやつは。。。。

2016-10-11 | PICUP TOPICS
ツイッターの中での出来事です。


身売りのささやかれているツイッターの中では、
通称「ツイッタランド」という国が存在し
日夜、自慢と誹謗と中傷があふれているのです


そんなインターネッツな国、「ツイッタランド」での出来事


その1。

首相の呼びかけで自民議員が起立・拍手 衆院議長は注意:朝日新聞デジタル
この記事の内容に関していろいろ思うことがあるんだけど、それはアッチに載せようと思ってます。


でね、

って書いたら、かみついてきた子がいたのよ。


べつにね、あたしゃ震災前からやっている「古参ツイッタラー」だもんで
コメントするのに最近の流行ですんげい面倒くさい
いちいち「FF外から失礼します!」なんていう最近の流儀をやれ!だなんて言わないし
そんなアホみたいなこと書かなくてもいいんだけどさ、

それでも何の前触れもなく突飛に割り込んでコメントしてきた、たぶん高校生~大学生ぐらいの男の子。


その子のコメントはいわゆる、
「安倍首相のやることに反対する者」=「サヨク(このブログでおなじみの言葉で、一般的には≠左翼)」=殲滅すべき相手!!!

っていう、
またこういうパターンかぁ~
ってやつなんです。いわゆるひとつの
俺の記事を見て、
「安倍首相のやることに反対する者」=「サヨク(このブログでおなじみの言葉で、一般的には≠左翼)」=殲滅すべき相手!!!
って思ったんでしょうねえ~
まあ、それでもいいんだけどさあ
いつものことだもんで。。。。

すんごくめんどくさいのよねえ。小さい子を相手するのって
わがままだし


その子との顛末は、ここにまとめました。
そのときにも書いたんだけど、


直線的にしかモノを見ることができない若者って
増えていませんか??



その2。今日の出来事

ケンタッキーの骨でキングギドラやスカイツリーを作る人にテレビ番組の製作依頼が…「全部込みで1万円で作って」 : Togetterまとめ

これについて、こんな風にコメントしました

これが結構RTされているので、
そのRTを見て来た子が
突飛にコメントしてきたのよ。FFじゃないのに(まあ、それは許すけど)


で、どういうやりとりをしたかっていうのは、ここにまとめたのね

この「「資料としてお借り出来ますか?」ならわかりますよ。」云々を言ったところで
中途半端に終わっている風にも見えるんだけど、
俺が答えたというか、ここで元記事を提示した途端に黙っちゃったのよ!
相手の子(たぶん20代~30代男性)ったら。。。。

イクジナシめ。。。。

っていうか、おれのtweetだけみて、リンクしている元記事を見てないで突っかかってきたのかよ!!
だったら突っかかってくんじゃねえよ!!
イクジナシめ。。。。



まったく、最近の男の子って
みんなこんな
自分のことしか見てないくせに、自分の言っていることが間違いない!!
って子ばかりなの??

オジサン、かなしいよ~


次回へ続く

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お題「実写化してよかった作... | トップ | 男ってやつは。。。。2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。