記憶の闇鍋

別名:外付けの~みそ

猫松 史久良の日々のあれこれ

パピヨンルージュと嵐の星

2016年10月15日 | 小説
 表紙を見て婆無理スンナと思った私は悪くない。
以前参加したレースの関係者から連絡が。新しいレースのルールの追加に戸惑う面々。
彼らのために飛ぶことに。
しかし、当然それだけで終わるはずもなく、立てこもり&八百長の強制に自ら突っ込むことに。
そして、事件はさらなる方向へっというところで次巻に続く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 怪盗クイーン ブラッククイー... | トップ | 皇国の守護者1~4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。