チョウゲンフィールド・・・巣立ち後

2017年07月12日 | チョウゲンボウ
今シーズン、マイ・フェーバリットフィールドのチョウゲンさんは北と南を合わせて8~9羽の雛が無事誕生。
今は巣立ち後のおねだり時期のようで、二番の幼鳥が一カ所にかたまって親鳥の給餌を待っている。

シャッターチャンスはそこそこあるが、橋上は一時間もいると熱中症の危険大で、昨日も早々の撤収となった。


ところでところでカープはオールスター前のDeNAとの大事な3連戦一勝一敗・・今日のゲームを勝ってDeNAに勝ち越し、気持ちよく前半戦を終えたいところ。頑張れジョンソン、頑張れカープ~(^^)/


幼鳥が親の帰還を待っている。(これは日曜日の画像、最大6羽を確認)



これはメス親かな?トカゲを持ってる。



オス親かな?



ここから幼鳥




















ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンコウチョウ(三光鳥) | トップ | 葛飾花火大会 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
結局いけてませんw (akira)
2017-07-13 01:26:25
ここは珍しくチョウゲンボウの背うちが出来るところですよね^^ 親は大忙しですね。
Re.結局いけてませんw (ち~すけ)
2017-07-13 08:09:07
akiraさん、おはようございます。

猛禽はやっぱり背打ちですね~!(^^)
ま~猛禽とはいってもチョウゲンさんは最もカワイイ猛禽ですが・・。
いつかはクマ、イヌ、の凄い背打ち撮りたいですね!

せっかくだったのにわたしもサシバに行けてませ~ん・・

ではまた~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。