うみねこ(介護避難所)

在宅介護、介護者支援のための情報を書いていきます。
※介護で困って相談先がない方コメント欄などでご相談ください。

解決できない問題を解決する方法

2016-10-14 19:08:32 | 介護


最近では認知症ケアの方法が蓄積され確立してきており、認知症とはなにかわからなかった時代にくらべるとはるかに対応に困らなくなってきているとおもます。
しかしそれでも介護はその人、家族ごとに様々であり常に新しい問題に直面するとおもいます。

※あくまで完成された情報ではありませんし、当事者として参考程度として提供するヒントです。


・介護のヒント(中級) - 答えのない問題にどう対処するか

介護度3程度までの初期の認知症対応については概ね確立できている一方で、今後はさらに進行した介護度での問題から最後の看取りまでの様々な問題、中重度ケアの領域へと情報蓄積と共有をしてく必要があるとおもいます。


今回は中重度介護では認知症そのものより様々な問題が起こりえるとおもいますが、ほとんどが解決できない問題を解決しなければならないという無茶苦茶な状況に介護者がおかれることになります。
非常に漠然とした問題であり、ヒントとしてどいうカテゴリにいれるか、整理もしきれていませんが、そいういうときにどうしたらいいでしょうか。

解決できないものに何も対応できるはずがないというかもしれませんが、介護中の方は今にもその状況になるかもしれません。
今まで起きた原因不明の問題をどうやって解決してきたか、などまとめていくと概ね共通することがみえてきます。

(1)いま出来ることをやる(いろいろ試してみる)

(2)出来るだけ多くの情報を集めて整理する

(3)確実に状況を悪くする要因は排除していく

(4)あとは経過をみて状況が変化したら(1)から繰り返す


(1)は逆にいえばできないことはできないということで無理をせず思いつめすぎない、(2)は新たな情報が希望になる、
(3)は悪条件さえ取り除けばあと患者が自力で状況を改善する力を引き出せる、
ということを意味します。

当たり前といわれるかもしれませんが、認知症介護だけでなく子育てや難病の対処にも応用できるかもしれません。
最近盆栽ブームがきていますが、樹木は言葉が通じないので世話が難しいですが、古い根を切って土をきれいに入れ替えて、適度な光と水を与えてやるということを繰り返します。
人間も植物も基本は通じるものがあるかもしれません。

『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬にたよらない医療(2)、... | トップ | 薬にたよらない医療(3)家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。