晴釣雨読

釣ったり読んだり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

借り農園での12月の1

2016-12-13 18:54:04 | 農業

            ソバの後の畑の様子

朝6時はまだ暗いし、夕方の5時にはもう暗くなっている。夜が長い。

 早めに夕食をすまし、本を読み始めたら疲れているのかすぐ眠くなって寝てしまう。夜中の12時頃に目覚めてトイレに行った後、本を読み始めるがまた寝てしまう。それでも朝4時には目覚めて一人朝食をとる。暗くて畑に出かけるわけには行かない。

 新聞はまだ来ないし畑にも行けず、一時間ほどコンピュータの前に座る。

 農家の方は暗いうちから収穫作業を開始されている。ミズナやホウレンソウ、コマツナなどの様に水洗いするので手間がかかる。ハクサイ、キャベツなどは一個ずつ丁寧に古い枯れた葉、汚れた葉を取り除く作業をされている。なかなか時間と手間のかかる収穫作業だ。

 私も遅ればせながら借り農園の畑で育てているネギ、ミズナ、コマツナ、シュンギク、カブラ、ダイコン、ニンジン、ハクサイ、ワサビナ、セロリー、ホウレンソウ、チンゲンサイを必要に応じて収穫する。ダイコンの葉は菜飯にし、ダイコンはおろし大根、おでんに使う。ハクサイ、キャベウも虫食いだが、大きく巻いてきた。ハクサイ20個、キャベツ20個ほどあるが、我が家だけでは食べきれない。ブロッコリーも間もなく収穫が出来る。

 サツマイモの収獲の後には二回目の大根の種まきをしたり、タマネギ苗(300本ほど)を植え付けた。ハクサイやミズナ、コマツナ、カブラ、ダイコンを収穫した場所には次々とタマネギ(200本ほど)を植えたり、ホウレンソウやコマツナなどの種を播いている。まだよく発芽する。

 今、ポットに種を播いたエンドウとソラマメが目を出し始めた。(12月に入ってからの種まきなので遅いのだが)12月末にはエンドウの植える場所にあるネギ、ミズナ、カブラ、コマツナをみんな収穫してしまわないといけない。

 また2月に植えるジャガイモのための場所も冬野菜を収穫して確保する必要がある。

ソバ収穫の後の場所も8区画に分け、8人が夏のソバ育てまで自由に野菜つくりに使ってもらうことにした。私の分担の区画には新タマネギ(早く収穫出来る)300本、赤タマネギ30本、普通のタマネギ400本ほど植えた。シュンギク、コマツナ、ミズナ、チンゲンサイ、ホウレンソウ、サニーレタスも植わっている。今現在空いている場所はない。今朝小雨の中、シュンギクやホウレンソウにビニールの蔽いをした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニンジンとセロリーの種 | トップ | 借り農園の12月の2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL