もっくんのカメラスケッチ(ブログ)

ジジの暇つぶしぶらぶら歩きの写真日記

巨大迷路 お茶摘み始まる

2017年05月16日 | 日記

西尾市、西の町地区でのお茶摘みが昨日から始まりました。

ババは朝早くからお茶摘みに出かけています。

今日ババがジジの携帯電話を間違えて持って行ってしまったので、運動がてら自転車で茶畑まで交換に行きました。

巨大迷路のような茶畑

まだ始まったばかりだから、いつもの茶畑でババを発見できましたが、茶畑を移動していたら発見は?

西の町を自転車で走ったら、お茶の加工をしているので、甘い良い香りが漂っていました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菊の挿し芽 | トップ | 今年は大不作。我が家の山椒の実 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おっ!新茶の季節!! (毎日日曜大工)
2017-05-16 11:18:21
一杯、飲みたくなりました!!
ところで・・・
<茶摘み>は・・・<このトンネルの中>で、やるんですか?
だとしたら・・ちょっと・・ナンですね~。
奥様の<あかね襷にスゲの傘姿>が見たいです!
お茶畑の覆い (もっくん)
2017-05-16 19:05:23
はい。お茶摘みはこの覆いの中で行います。日焼け防止ではありませんよ。
葵製茶のホームページから
抹茶とお煎茶は同じ茶の木から作られます。
お煎茶の茶葉は日光をたっぷり浴びて育ちますが、抹茶の茶葉はある一定期間(4月上旬~5月)黒い覆いをかけて育てられます。この黒い覆いは寒冷紗(かんれいしゃ)といい、この覆いをかけることによって日光を遮断させる効果があります。この寒冷紗(かんれいしゃ)をかける栽培方法を「覆下栽培(おおいしたさいばい)」と言います。
日光を遮られた葉は、太陽光を求めてぐんぐん真上に伸びていきます。葉肉を厚くする栄養分が枝が成長するのに使われるため、葉は薄く柔らかくなり、渋みの成分(タンニン)が少なく、旨み成分(テアニン)の多い、抹茶に適した高級茶葉になるのです。
この覆下栽培(おおいしたさいばい)を行ってる期間(4月上旬~5月)のあいだ、西尾に来られると、真っ黒なお茶畑がご覧になれます。
もっくん様、お茶の町西尾、 (快談爺)
2017-05-16 19:24:29
寒冷紗のトンネルの中は、姉さん被り、
に茜襷の茶摘女が、手際良く一番茶を、
摘む姿を思い浮かべます、良い香りが、
するでしょうね。
もっくんさんへ (温泉ドラえもん)
2017-05-16 22:10:50
 やはり、良いお茶は機械ではなく、手摘みですか。
茶摘み (猫親父)
2017-05-16 23:13:10
毎年新茶を楽しみにしてるんですが、茶摘み風景そのものは、見たことが無いです。
なんせ、寒冷紗の中まで覗けないですからね。。。(^-^;)
快談爺さんへ (もっくん)
2017-05-17 13:01:19
観光用写真はね。
中ではお姉さんではなくおばさんたちが頑張ってくれています。
それと大戦力は地元の中学生軍団です。学校行事として毎年頑張ってます。稼いだ費用が生徒会費などになります。

温泉ドラえもんさんへ (もっくん)
2017-05-17 13:04:22
手摘みは古い葉など異物が混入しないのがいいね。
近年は摘み子さんが集まらなく機械が導入されだしました。
猫親父さんへ (もっくん)
2017-05-17 13:06:17
茶摘みをしている畑は横の寒冷紗を上げていると思います。覗いてみては。
おばさんにやりこまれるかな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。