小金持ちなミニマリストニューヨーカーの独り言

全てが好転していくように、今日も考えを巡らし、精いっぱい生きる。
思考力と行動力だ!

5年越しの目標を持たねばならない

2016年11月07日 | 夢とプラン
金のことを気にせず暮らせる、要するにいつ職を失っても死ぬまでやっていける金をこしらえてから一年が経った。

以前はそれから後ももっと仕事頑張れると思ってたけど、実際の諸事情もあってそんな理想通りにはいかない。
もっとはっきりした目標が大事なんだな。

こうして身をもって、金持ち、そこまでいかなくても豊か、あるいは余裕のある暮らしをしている人たちの何割かの気持ちを知る。

有り余るほどの金を持ちながら、毎日命一杯働く気力、そして理由がある人に、ちょっと尊敬。ただし、欲がひどい故の理由は除き。いくら稼いでも、そして貯まっても、もっと欲しいミリオネア、ビリオネアもたくさんいる。もっといい暮らしがしたい、もっと態度をデカくしたい?

私は守銭奴とは全く異なるが、それでもまあ、細かい方(ただし、ただの無計画中流、あるいは貧困層よりはずっと細かい)だ。物欲がさほどなく、普段から質素。

見かけも質素、暮らしぶりも質素で低姿勢だから、根性悪い貧乏人、セールスマン、ほか中流しみったれの連中によく舐められ嫌な思いをする。

ほんと、わざわざ、札束でそのバカ面をひっぱたいてやらないと気づかないんだよね、いかに態度が失礼かって事。ここにいる中流日本人の多くもそう。そんな連中と私とでは全くレベルが違う。話しても全然合わない。詰まんない。彼らの悩み、感心のレベルがあまりにも幼稚、悪趣味、未熟。

疲れる。なので、あーこいつダメだなった確信したら私はそっと彼らから離れていく。
急にこちらからの連絡はゼロになるし、向こうからの「あっ、切られるのか???」の焦り始めのようなしつこい連絡が始まっても、1-2度のれんにパンチみたいなメールを数回投げてやった後、完全ストップだ。バイバイ、もう二度と近づかないでねって、そう思っても言わないだけ。

赤の他人のおっさんおばさんを私がじかに無料で教育を授けてあげる義理も時間もない。

スーパーマンじゃないからさあ、時間と金に厳しい限界がある訳で、それでも私は多くの人に助けを出してあげるけど、選ばないといけないわけじゃない当然、そのうちを誰を実際助けてあげるかに関しては。

さあ、これからの5年間、何に精力を傾けられるか、考えよう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こっちの白人低所得者層 | トップ | ブラックフライデー 2016 »

あわせて読む

夢とプラン」カテゴリの最新記事