まとめ髪白書

真浦の日々の中での独り言

智慧海無量!福寿海無量!祈祷日本国泰民安!!

銀河伝説

2016年10月17日 | Weblog





♪銀河伝説
https://www.youtube.com/watch?v=JUVnM4tyIeY

♪ホールド・ミー・タイト
https://www.youtube.com/watch?v=SLFaAth-taM

♪最後の春休み
https://www.youtube.com/watch?v=8Qpij62t1zs

♪今夜は踊って
https://www.youtube.com/watch?v=I4gLKMwLwMI

♪ロマンス
https://www.youtube.com/watch?v=jRUMKOBIfMQ


[HD] Cyril Takayama - Magic REVO Episode 3 [2/2]
https://www.youtube.com/watch?v=_kDxi1tucvY

Cyril Takayama -- Candy and spices
https://www.youtube.com/watch?v=nyCmVfTD3HY

♪花の首飾り
https://www.youtube.com/watch?v=iKFJy7tkPgE

♪Good Golly Miss Molly
https://www.youtube.com/watch?v=AlP-PXnwM3w

♪Born On The Bayou
https://www.youtube.com/watch?v=wIjUY3pjN8E

♪Green River
https://www.youtube.com/watch?v=JacHyPaEwDc

♪踊り子
https://www.youtube.com/watch?v=umP2s1eHh7s

♪Mony Mony
https://www.youtube.com/watch?v=E97CmNK3NtU


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「弥勒菩薩の加持を受ける」 | トップ | 「虫の知らせ」 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無理を承知で (おーだぁぁぁぁーなのだ)
2016-10-17 01:12:43
 ジヨンの声はモスグリーーンだと言った魔女が
いたけれど・・・あながち

  おいらの好きなジヨンレノン作品曲・・・・・
      詩はシュールなんだべさ
以下こぴぺ 感謝
      化膿であればご紹介よろりん・・・・♪

     AND YOUR BIRD CAN SING

リボルバーアンド・ユア・バード・キャン・シング
<Lennon-McCartney>

ジョンの曲には歌詞の意味が難解なものが多いのは周知の事実だが、文法的・語彙的には極めて簡単なものが多いようだ。ここでとりあげる中期の名曲“And Your Bird Can Sing”もその1つ。

一般的には斬新なツインギターのハモリが曲全体を支配し、聴く者の耳はどうしてもそのメロディばかりに向きがちなんだけど、ふと歌詞に目を向けると簡単な語彙や言い回しがどこか謎めいた印象を与えていることに気付く。ジョンが何が言いたいのか、何を伝えたいのかがさっぱり分からず、とりあえずメロディの良さで満足しているファンも少なくないのではないだろうか。

実際、ジョンも言ってる。「単なる捨て曲だよ」、と。

でも、曲を作る時、そこには何らかの意図が発生し、それが創作活動の原点となるはず。いくら作者のジョンが「捨て曲だ、深い意味は無い」と公言したとしても、歌詞の意味が理解できない限り、その謎を解明してみたくなるのがファン心理だし、少なくとも今このページをわざわざクリックして読んで頂いている方は僕と同じ見解をお持ちだろう。

アルバム【Revolver】がレコーディングされた当時、ビートルズはライヴにやる気を無くしながらも、最後の世界ツアー、アメリカツアーに向けて出発しようとしていた。自分たちの演奏さえろくに聞こえない演奏状況、ツアー先で待つ様々な狂気と危険、ジョンのキリスト発言による波紋、「このままだと自分たちの音楽は行き詰まる」という危機感がビートルズをアイドルからアーティストへと変貌させていった。

【Revolver】のレコーディング直後に行われた日本公演の彼らの演奏を見ても、そのやる気のなさは明らかである。そこでビートルズはライヴ活動を休止し、スタジオへと引きこもるのである。そこで生まれた「ライヴをしなくてもアルバムにツアーをさせればいい」というコンセプトが基盤になり次のアルバム【Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band】が誕生するわけだが、かつて彼らが皮肉交じりに言っていたコメントをここで引用する。

「ビートルズを聴きたきゃレコードを聴けばいいし、ビートルズを見たきゃコンサートに来ればいい」

つまり、この言葉の本質は、自分たちの原点であり一番楽しめる場所であるはずだったライヴステージがただファンがキャーキャー騒ぐだけの場所と化したことへのぶつけようの無い怒りと絶望なのだ。

そして彼らはビートルズというアイドルの仮面をかぶっている限り、自分たちの思うような創作活動ができないことに嫌気がさしていた。その仮面からの脱却を初めて意識的に実現しようとしたのが、この曲が収録されたアルバム【Revolver】ということになる。

さて、話を本題に戻そう。なぜ、僕が延々と曲の時代背景を解説していたのかというと、「君の鳥」の正体を見極めるための鍵がそこにあるからだ。誰がこのような八方塞の状況にジョンを、そしてビートルズを置いていたのかということを念頭に置いて読み進んで頂きたい。

① You tell me that you've got everything you want
  君は僕に言ったよね、「欲しいものは全て手に入れた」って
欲しいものは全て手に入れられるのだから、「君」という人物はかなりのお金持ちなのではないかという推測ができる。

② And your bird can sing, but you don't get me, you don't get me
  君の鳥も歌えてるね でも、本当の僕は手に入れられないよ
「鳥がさえずる」という意味で“sing”という単語を使うのは珍しいことではないが、擬人化して考えてみると面白いことに気付く。本来自由で大空を飛び回っているはずの鳥に所有格である“your”が付いていることから、この鳥は飼われていることが分かる。しかし、その対義語として人間を表す“me”が使われていることから、この鳥はある人間を表していることが分かる。

③ You say you've seen seven wonders
  君は言ったよね、「世界の七不思議を見たことがある」って
これも基本的な考え方は①と同じだが、世界の七不思議は大変に珍しいもので、それに匹敵するくらい驚くべきものを見たことがあると考えられる。

④ And your bird is green, but you can't see me, but you can't see me
  君の鳥はねたんでいるよ でも君には本当の僕を見ることはできないね
②で言及した通り、「君の鳥」というのは自由のない鳥である。世界の七不思議を見ることができる程の運と金と自由を手に入れている君を鳥である自分はねたんでいる(green)という構図は「君」と「鳥」の正体を暴く鍵になる。そしてそのねたみのために、わざと本当の自分を見せないといういじわるをする...ビートルズ周辺の人間関係にこのような関係を当てはめるとすると...?


⑤ When your prized possessions start to weigh you down  君の自慢の所有物が重荷になり始めたら
ここでは素直に「君の鳥」と言わずに「君の自慢の所有物」という言い方をしているが、これが所有格“your”の力の大きさを示している。飼っていて思わず自慢したくなる鳥、そしてそれが重荷になるとは一体...?

⑥ Look in my direction, I'll be round, I'll be round
  僕のいる方を向いてみなよ、そこに本当の僕がいるから
ここで分かることは、必ずしも「鳥=私」という関係が成り立つわけではないということである。「鳥」は極めて私に似ているが、「本当の私」ではない。他人の所有物であり、自分自身ではないということから、他人(外部圧力)によって本当の自分を出せないでいる状態が見てとれる。

⑦ You tell me that you've heard every sound there is
  君はそこにある全ての音を聴いたって言ってたよね
いよいよ核心部分。“sound”が出てきたということで、一気に「君の鳥」の正体が見えて来るはずである。「君」とはその全ての音を聴いたことがあり、その音を発する鳥を飼っている人物。と、言うことは...?

⑧ And your bird can swing, but you can't hear me, you can't hear me
  君の鳥もちゃんと演奏できてる、でも本当の僕の声は聞こえないよ
スイングという表現がいまいちひっかかるが、音に関する歌詞が直前に登場し、演奏が大変ノッている状態のことを「スイングしている」と表現したりすることもあるので、その意味を採用してみた。しかし、本当の自分の声が聞こえないのだから、その音や声は嘘っぱちであることが分かる。

⑨ When your bird is broken, will it bring you down?
  君の鳥が壊れちゃったら、悲しくて落ち込んでしまうかな?
大体、「鳥が壊れる」という表現自体おかしくないか?鳥にしろ、人にしろ、壊れるっちゅー表現はおかしい。ちなみに...“break up”という熟語には「解散する」という意味があるらしい。

⑩ You may be awoken, I'll be round, I'll be round
  でも君はそこで初めて気付くことができる、そこに本当の僕がいることをね
つまり「君の鳥」が“break”したら、その時初めて自分たちの本当の姿を君は見ることになるということ。

以上のように考察してみると、鳥の正体とは前説と同じく「ビートルズ」ということになるが、“you”はファンを指しているとは思えなくなってくる。なぜなら、歌詞から見てとれる“you”はお金持ちで権力を持っていて、その鳥を所有している存在だからである。つまり、ビートルズはその“you”に飼われているということになる。

ズバリ結論を言おう。

この“And Your Bird Can Sing”はジョンがビートルズという鳥かごの中で束縛されていることの苦痛をマネージャーであるブライアン・エプスタイン(鳥の飼い主)に対して皮肉交じりにぶつけている曲なのである。

ブライアンによって作り上げられたアイドルとしての偽りの自分と本当の自分とのギャップに悩まされていたジョンはこの曲を書くことによってブライアンに対してささやかな抵抗を試みていたということになる。

アルバム【Anthology 2】に収録されたアウトテイクは笑い声の止まらないおふざけテイクだが、ドラッグによる影響だけでああいう状態になっていると考えるより、ビートルズが一方的にライヴを休止することによってブライアンのする仕事がなくなることになるという、飼っている鳥たちによる飼い主へのささやかな抵抗を「ザマーミロ」的に笑い飛ばしていると考えると、その笑い声の真意もいよいよ現実味を帯びてくる。

ジョンは以前からブライアンが同性愛であることをよく中傷し、笑い飛ばしていた。この事実はレイ・コールマンによるブライアン・エプスタインの伝記【ビートルズをつくった男―ブライアン・エプスタイン】の中でも多く取り上げられている。この曲もそのようなジョンの性格の延長線上に位置付けられ、ビートルズがライヴを休止することにより仕事が少なくなるブライアンをからかうというジョンの捻じ曲がった心理が露呈されている。

しかし、その行為は単にジョンがブライアンを嫌っていたからではなく、信頼できる存在だからこそできたものであることを忘れてはならない。

例えば幼い頃によく見られる、「好き」という気持ちをストレートに伝えることができず、からかったりして気を引こうとする行為などはその典型的な例であるが、ジョンの心理状態はまさにこの状態だったのではないだろうか。

そう考えればジョンがこの曲を嫌う理由も納得がいく。ジョンがこの曲を嫌うコメントを出しているのはどれもブライアンが1967年に不慮の死を遂げた後であり、大切な存在であったはずの彼に対してこのような曲を書いた自分を恥じているからに他ならない。

書いた時はツインリードギターという画期的なアイディアをこの曲に取り込み、【Revolver】の中でもかなりライヴを意識した曲に仕上げられているのだが、そこにブライアンへの皮肉が混ざり、皮肉った相手が後に死亡してしまったことによりジョンはある種の罪悪感を感じたのではないだろうか。

この“And Your Bird Can Sing”はドライヴ感溢れる曲調とは裏腹にブライアンへの複雑な思惑が交錯する曲なのである。

■音源比較
通常のmonoとstereoでは大差はない。
米キャピトルstereo盤【Yesterday & Today】に収録されたのは、当初擬似stereoヴァージョンであり、その後レーベルが70年代にアップルに変わってもそのまま同じ音源が使われた。しかし、再びキャピトルレーベルへと戻されてからリアルstereoヴァージョンに差し替えられている。


リボルバーは全滅ばい ごめんばい (もみ@缶切り声を出す )
2016-10-17 04:31:23

|・)…

リボルバーは全滅しているばい。
ごめんばい。
おかわり (もみさんの唄があった蠅~)
2016-10-17 10:01:44
 では此方に返還倒置よろしく

  ゆーちゅー&もみさん 感謝

    もみさん モミさん



Billy Idol - Mony Mony (Lyrics)
.
                 
               視聴回数 936,583 回
LoveBillyIdol

LoveBillyIdol
チャンネル登録5,520
        たのみんみんみ~ん
如何致しまして (モミさん・・・お心遣い感謝)
2016-10-17 10:06:30
 藤村操先生ではないけれど

 やっぱし 人生不可解 まんだらげ

  誰なんだろう
      この世界の裏で 牛耳っているのは

        モーーーー  丑さん

         ホモ牛乳だったりして

          わからんわからん????????
王仁三郎の予言と現在 (もみ@ボンレスハム入り)
2016-10-17 14:11:49

|・)…

王仁三郎の予言とされているもので
「アメリカは アラスカから侵攻されて敗れる」というものがあり

現在 その状況に近づいてきているようばい。

++++++++++

アラスカの人々は自らの身を守る準備をした方がよいでしょう。
残念ながら、米軍の殆どが国外に駐留していますから、アメリカは無防備な状態なのです。
ロシアがアラスカを経由してアメリカを侵略する日が近づいています。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51995103.html
昭和からの幻想と現状 (もみ@塩こうじ)
2016-10-17 14:24:44

|・)(丑さん…)

+++++++++++++

日本人は、諸外国の人から見れば、異様とも思えるほど、
学校や会社を信頼してきた
学校や会社で、努力すれば報われる
こういう価値観は、実は海外にはない
海外の人のほうが、学歴や会社員というものの価値観の低さを知っている



日本は急速に貧乏になっているが、
そのことを認識できないのが一番罪だろう


底辺ネトウヨに限って、貧困層を激しく攻撃するよね~。


貧困層の割合より中間層だと思ってる人の割合の方が高いってアンケート調査の結果が出てたと思う
海外と比較すればすぐに最低賃金の差で分かるんだけど



地方にいるとわかるけど、年寄りビジネスしか成り立たない
最近ゲーセンに爺がうろうろしてて笑える。

+++++++++

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む