雨過天晴

したいことをしたい時に。
色んなことをやってみる。

Adelante

2017-06-14 | 音楽

なんかホークス、巨人に連敗ですよ。

なんてこった。

打線が湿ってますね。

明日こそ連敗ストップ。

頼むよ、ホークス打撃陣。

 

気を取り直して、今夜のジャズ。

今年の東京ジャズに出演しその後大阪にも来るQuartet UL.のメンバーの一人ハン・ベニンクのトリオ盤で『Adelante』。

 

Adelante
Icp
Icp

 

1.Gordijn
2.Supertyphoon
3.Comacina Dreamin’
4.Adelante 1
5.De Sprong O Romantiek Der Hazen
6.Peer’s Counting Song
7.My Melancholy Baby
8.March of The Supermoon
9.Waterzooi
10.Op Sinjoorke
11.Wuustwezelstomp
12.Boontje
13.Adelante 2

Han Bennink(ds)
Joachim Badenhorst(cl,bcl,ts)
Simon Toldam(p)


ベニンクはオランダ、アムステルダム近郊のザーンダムで生まれ、彼の名を知らしめた64年のエリック・ドルフィー「Last Date」。

 

ラスト・デイト
エリック・ドルフィー,ミシャ・メンゲルベルク,ジャック・ショールス,ハン・ベニンク
ユニバーサル ミュージック


今年亡くなったオランダの名ピアニスト ミシャ・メンゲルベルグとも本作で共演しました。

日本人ジャズ・マンとの共演もあり、豊住芳三郎や灰野敬二らとデュオ盤をリリースしたこともあります。

本作では若手のヨアキム・バーデンホルスト、シモン・トウダムを引き連れてます。

アートワークはベニンク自身。

トリオ作が11・12曲目、バーデンホルストの3,4,9,10,13曲目、トウダムの2,8曲目、敬愛するメンゲルベルグの5,6曲目他。

ベニンクというと少しフリー臭が強いイメージでしたが、本作はそうでもなく、メロディーがしっかり目です。

初めてですがバーデンホルストがしっかりメロディーを奏でているので、そのあたりを尊重しているのでしょう。

ベニンクは御年75歳と高齢ながらしっかりとしたリズムを刻んでおり、これは驚きをもって聴いています。

不規則なリズムは若々しく、且つバシッと決めるところはさすがベテラン。

彼に率いられた2人も非常にいいです。

トウダムの音は繊細で美しく、バーデンホルストのクラリネットはとてもリラックスできる。

お試し音源を探したのですが見つからなかったのでTwitterからユーモアのあるベニンク。

 

 

この2人は残念ながらQuartet UL.のメンバーではないのですが、ちょっとライブとかで来日しないかチェックしておきます。

 

ちなみにQuartet UL.の大阪公演のチラシ出来たようで。

 

 

ベニンクは当然としてあとのメンバーも気になりますよね、今回のような作品を聴くと。

多分良いはず。

今度Quartet UL.のアルバム出るので聴いてみよう。

 

The Quartet NL.
SPACE SHOWER MUSIC
SPACE SHOWER MUSIC

 

この作品もレビュー書きますね。

 

さ、昨日今日のホークス戦をすっかり忘れて寝るとしよう。

 

 

↓ ポチっとお願いします 

blogram投票ボタン  

 ブログランキング

ブロトピ:この作品を聴いてくれ!!

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボディースプレーと額装 | トップ | 浦沢直樹氏の「PLUTO」のアニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL