雨過天晴

したいことをしたい時に。
色んなことをやってみる。

Find The Way

2017-05-20 | 音楽

昨夜のとても楽しい一席でした。

皆ストレス発散出来たと思います。

 

今日は睡眠外来で朝からお出かけ。

天気が良かったですね。

Tシャツにジャケットだったんですが、少し暑いくらい。

そりゃそうで30℃超えたみたいですね。

 

暑い時には辛いもの。

帰りには新大阪駅の麺やマルショウにいきました。

豊中に本店があるのですが、とてもジャンキーでがっつきたい時にここの台湾まぜそばを欲してしまいます。

 

 

ピリ辛なのですが、もう少し辛味がほしいのでラー油を追加。

しばらく食べ進めると、味を変えるため昆布酢を追加。

最後は締めのご飯ちょっとまぜ。

抜群です。

ご馳走様でした。

 

さて今夜のジャズは、現代ジャズシーンで注目を集めている人の一人アーロン・パークスのECM第2弾で『Find The Way』。

 

FIND THE WAY
ECM
ECM

 

1.Adrift
2.Song For Sashou
3.Unravel
4.Hold Music
5.The Storyteller
6.Alice
7.First Glance
8.Melquiades
9.Find The Way

Aaron Parks (p)
Ben Street (b)
Billy Hart (ds)

 

ラストのタイトル曲はローズマリー・クルーニーが歌っていたカヴァー曲で、それ以外はパークスのオリジナル。

私もパークスの作品は好きで、流麗な演奏もさることながら、その作曲が非常に好きです。

ECMの作品はそのレーベルらしさが顕著なレーベルだと思うのですが、本作に関しては割とパークス色の方が強いと思いました。

バックにはベン・ストリート、ビリー・ハートという堅実なリズム隊を従えております。

特にストリートとの相性は抜群ですし、雰囲気も似ている。

ハートは少しアグレッシブなのが良いスパイスになっていて、このトリオの「らしさ」を醸し出していると思います。

過剰に華美にならず、少し切れ味を感じさせる曲想で、聴いてて心地よいと感じます。

今年ECMからリリースされている作品は、私にとってはとても具合の良い作品がリリースされていて、あまり外れたと思うのがないですね。

レーベル側が変わったのか、私の耳が変わったのか。

もし後者だとしたら、私のジャズ・ライフも幅広くなっていきそうなので嬉しいんですけど。

 

 

↓ ポチっとお願いします 

blogram投票ボタン  

 ブログランキング

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呑んできたで | トップ | Caipi »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL