雨過天晴

ジャズとホークスとファッションなどなど。
興味のあることには片っ端から手を出します。
そして時々飽きるのです。

Agartha

2016-11-05 | 音楽

今日はいつもどおり朝早く起きましたよ。

でも、その後の睡魔には勝てなかった。

天気が良かったけど、自宅でゴロゴロすることに決めた。

街に出ていけば、服を買いたくなっちゃうし。

先日のOMEGAの修理代を考えれば、今はみちゃダメ。

・・・ライダース欲しいな。

 

そういやラグビー日本代表の試合がやってましたね。

先日のW杯でベスト4だったアルゼンチンとでしたが、まあそうそう現実は甘くない。

日本代表もまだ結成したばかりだし、これから力をつけていってほしいです。

 

さて今夜のジャズは、北欧フィンランドのジャズ・バンドOddarrangのEdition Recordsからリリースされました『Agartha』。

 

AGARTHA
EDION
EDION

 

1.Aletheia
2.Central Sun
3.Mass I-III
4.Admiral Byrds Flight
5.Telos/Agartha
6.Age Of Cronos

Olive Louhivuori(ds, synths, vo)
Ilmari Pohjola(tb, synths, vo)
Lasses Sakara(g, vo)
Lasses Lindgren(b, synths)
Oslo Ikonen(cello, erhu, synths, vo)
with
Aino Peltomaa(vo on 1)


クインテットですが、構成は面白いですね。

トロンボーン、ギター、チェロ(と二胡)、ベースにドラムス。

演奏はシンセの色合いが強くて、ジャズというよりはプログレッシブ・ロックでしょうか。

北欧の雰囲気がかなり高い。

ドラマーのオラヴィ・ロウヒヴオリがリーダーのようで、リズムは強めにとっています。

空間的広がりを感じる楽曲が多く、シンセとともにトロンボーンが良い役割をしていると感じます。

5曲目の二胡は北欧的演奏の中にあって、確信的な違和感がむしろ心地よい。

Edition Recordsも新興ジャズ・レーベルながら、かなりカラーが出てきた感じがします。

本作などもそのカラーの中にあります。

新譜が出ると、ちょっと目を通したくなるレーベルですね。

 

Oddarrang Agartha trailer - New album available now

 

Oddarrang 'Mass I-III' from Agartha (Official Video)

 

さて明日は泳ぐよ。

怠けずに。

 

 

↓ ポチっとお願いします

blogram投票ボタン 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Spain Forever | トップ | 意思が弱い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL