雨過天晴

したいことをしたい時に。
色んなことをやってみる。

The Behemoth

2017-04-15 | 音楽

昨夜は昔からの友人+αで飲みに行きました。

前回この友人と飲んだときは、散々飲み倒して翌日全く使い物にならなかったので、気をつけたつもりでしたが、帰りのバスで降りた時に足がもつれて転んでしまいました。

久しぶりに膝に擦り傷作ってしまいました。

もうそろそろ良いお酒の付き合い方を覚えないとね・・・。

 

さて今夜のジャズ。

今年の期待盤の一つでもありましたPhronesisの新作『The Behemoth』です。

 

The Behemoth
The Behemoth
The Behemoth

 

1.Ok Chorale
2.Untitled#1
3.Stillness
4.Herne Hill
5.Charm Defensive
6.Zieding
7.Phraternal
8.Intro to Urban Control
9.Urban Control
10.Happy Notes

Phronesis:
Jasper Høiby (b)
Ivo Neame (p)
Anton Eger (ds)

Julian Argüelles (arr,cond ts on #9)

Frankfurt Radio Big Band:
Heinz-Dieter Sauerborn(ss,as,fl,picc)
Oliver Leicht(as,cl)
Tony Lakatos(ts,a-fl)
Steffen Weber(ts)
Rainer Heute(bs,b-cl)
Frank Wellert(tp,flh)
Thomas Vogel(tp,flh)
Martin Auer(tp,flh)
Axel Schlosser(tp,flh)
Günter Bollmann(tb)
Peter Feil(tb)
Christian Jaksjø(tb,b-tp)
Manfred Honetschläger(b-tb)
Martin Scales(g)

 

今や欧州の人気ピアノ・トリオの一組となったPronesisがジュリアン・アーギュロスのアレンジ・指揮のもと参加しましたフランクフルト・ラジオ・ビッグ・バンドとコラボした意欲作です。

基本的にはトリオそれぞれが作曲した曲(8曲目はアーギュロスとイーガーの共作)です。

聴く前はビッグ・バンドとのコラボで楽しみな半面、トリオの良さが他の楽器に喰われてしまうんじゃないか、という懸念を持っていたのも事実。

ですが、聴くとそんなことはありませんでしたね。

1つの曲の中でもトリオ・パートとバンド・パートとあります。

トリオの良さを残しつつ、音の厚みをビッグ・バンドで加える、といった効果が感じられます。

本作はその音の彩りの良さやクリエイティブな演奏を感じました。

トロンボーンやトランペット、クラリネットなどの管モノの膨らみ・厚みやギター・ソロの切れ味などピアノ・トリオの時には味わえないものです。

これまでこのトリオをしっかり聴いていたことで、本作での新しいPhronesis像を感じられたと思います。

ほんとにパワフルなトリオですね。

これからも楽しみですし、何よりまずはこの一枚を堪能したいと思います。

 

Phronesis / Julian Argüelles / Frankfurt Radio Big Band - The Behemoth (Official Album Trailer)

 

PHRONESIS 'The Behemoth' Album Trailer with Julian Argüelles & Frankfurt Radio Big Band

 

Phronesis 'The Behemoth' Album Trailer

 

そういや先日産業医面談がありましたが、うーんまあまあの手応えでしたかね。

ぼちぼち時短勤務にも慣れたので、フルタイムで行こうと思っていますが、結果やいかに。

月末に決まる予定です。

 

明日は何しようかな。

美味しいものを食べに行きたいな。

 

 

 

↓ ポチっとお願いします  

blogram投票ボタン 

 

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎度あり! | トップ | Float the Edge »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL