デジカメを持って歩こう

個人の 登山、トレッキング、散歩、海外旅行 の記録

 2012年9月 南米.ペルー周遊からブログ参加です

奥の細道を歩く (松尾芭蕉『奥の細道』紀行) -Top頁-

2020-10-24 00:00:00 | 奥の細道

奥の細道を歩くというW校友会の俳句クラブ企画に参加します。深川から大垣(?)まで芭蕉が歩んだ道を可能な限り忠実に歩くという企画です。 ただ、俳句クラブの人がどの程度ウォーキングに参加するかは未定です。  【松尾芭蕉は江戸・元禄二年三月二十七日に深川を出発、大垣着八月二十一日、六百里、2,340Km、約140日にわたる大旅行であった。作品の完成は元禄七年、五年後の春。その年の秋には芭蕉は没している。】 

普段歩きなれていない人を含めての歩きなので1回の走行距離を10Kmとした場合でも234日かかります。月1回の歩きで酷暑・酷寒・雨の中を歩いても順調にいって20年近くかかる企画です。  2015年10月から歩き始め みちのく との境、白河関までが一区切りです。

おくの細道 Wikipedia  俳聖 松尾芭蕉・みちのくの足跡  芭蕉句集 外部リンク

Map   

    

1回目)深川-浅草-千住-梅島 / 旧日光街道 日本橋-浅草 / 2回目)梅島-北越谷 / 3回目)北越谷-東武動物公園 / 4回目)東武動物公園-栗橋5回目)栗橋-野木6回目)野木-小山 / 7回目)小山-壬生 / 8回目)壬生-新鹿沼 / 旧日光街道 小山-石橋 / 9回目)日光市街 / 旧日光街道 石橋-宇都宮 / 10回目)日光-舟生 / 11回目)舟生-玉生-矢板 / 12回目)黒磯-高久-殺生石 /        

 


 

『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甲州街道てくてく (甲州道... | トップ | 東海道を歩く (東海道五十... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。