”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

小粒でもっちり48号

2017-06-22 14:30:02 | お米 

よんぱち米・・・というお米をいただきました。

 

    

よんぱちとは、このお米の正式品種名 農林48号から来ています。

パッケージに「幻の米」の文字が見えます。

 

 

     

●穂の出る時期が遅い。

●イモチ病にかかりやすい。

●小粒で評価が低い。

などの理由で、一般に出回るほど収穫されず、

一部の農家さんが自家用に作り続けていました。

それが幻と言われる理由です。

 

たしかに、小粒です。

 

    

でも、味は絶品。

こしひかりの祖に当たる品種だけあって、粘りが強く、もっちもち!!

まるで、おこわを食べているような食感です。

でも、こしひかりよりさっぱりしているので、夏でもおいしくいただけそう。

(私、こしひかりは夏には重く感じるのです。)

    

炊きたてに、苦楽園こんぶ処永楽さんのだし粉をかけると

 

とっても贅沢な気持ちになります。(*´▽`*)

   

南アルプス連峰と八ヶ岳の山々に囲まれた起伏のある丘陵地帯で、

ミネラルたっぷりの水と長い日照時間が、幻のお米を育てています。

そんな風景を思い浮かべながら、貴重なお米をいただきました。 (*^-^*)

 

『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八王子の生姜はちみつかりんとう | トップ | あの紅芯大根は・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お米 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。