”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

なぜコリアンダーでとろみがつくの?

2016-10-08 11:37:05 | スパイス

先日、お友達がFacebookで、ご自身が出席されたスパイス講座での

カレー作りの様子を投稿されていました。

 

そこには、コリアンダーの役割として

「とろみづけ」と書かれていました。

  

私も、インド人の先生にスパイスから作るカレーは

ご指導いただいたことがあり、

我が家のカレーは、私の「いい加減ブレンド」ですが、

コリアンダーでとろみが付くとは思ってもいませんでした。

ずっと、香り付けに使われると思っていたのです。

  

  

が、検索してみると「コリアンダーでとろみを付けます。」

と書かれたものが出てくる、出てくる!!

  

いったい、コリアンダーの何の成分がとろみを付けているの?

気になると、そのままにはしておけないので、

調べまくりましたが、特殊な成分は出てきません。

  

そこで、植物学者の方に質問してみました。

なんと、コリアンダーには15%もでんぷんが含まれており

それがとろみを付けているのだそうです。

 

このコリアンダーというのは、上の写真のように

スパイスのコーナーで売られているもので、

コリアンダーの「種」をパウダーにしたものです。

 

あの苦手な人が多い「葉っぱ」の部分とは違います。

(パクチーといった方がわかりやすいかな?)

 

コリアンダーは、葉っぱと種だと香りが全く異なります。

葉っぱは、特有のクセのある香りで、好みが分かれますが、

種は、生姜のような柑橘類のような香りがします。

決して個性が強い香りではありませんので、

ビールの香り付けにも使われていますよね。

 

とろみのあるカレーがお好きな方は、

小麦粉を使わなくても、

決して出しゃばらないコリアンダーで

とろみを付けることができるということですね。

  

こちらは、私がブレンドしたスパイスで作ったチキンカレーです。

 

 

いつもは、もっとシャビシャビしていますが、

コリアンダーのおかげで、自然のとろみが付いています。

 

今回も、勉強になりました。(*^-^*)

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お酒に酔う花 | トップ | 秋のお祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。