”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

まさか、今の時期にこの野菜が!

2017-05-05 14:57:37 | 野菜

磐田原は、新茶のシーズン真っただ中です。

 

 

 


しかし、同じ磐田原に、この時期に信じられないような野菜が植えらていました。

 

   

拡大してみましょう。

 

  

  

これは、紅芯大根です。

そう、皮が緑がかっていて、丸い形、そして中の肉色が鮮やかな赤い色をした・・・。

あの紅芯大根。

 

  

 

紅芯大根の種まきの時期は、8月中下旬~9月の上中旬。

そして、70日~80日で収穫できますから、

毎年、11月の公民館まつりの頃には、紅芯大根のお漬物をいただいていました。

これから寒くなる時期に食べる野菜というイメージでした。

  

それが、八十八夜を過ぎたこの時期に植えられているなんて!!(@_@。

生産者様にお話を伺ってみると、種まきは3月下旬~4月の上旬。

つまり、桜が咲く頃に種まきをすると、6月には紅芯大根ができるとのこと。

 

そして、昨年もこの夏場の紅芯大根づくりに挑戦されたそうなのです。

ただし、圃場は海岸近くの砂地。

気温がかなり上昇し、念願の紅芯大根はできたものの、中に空洞ができ、商品にならなかったそう・・・。

 

そこで、今年はもう少し気温の低い磐田原の台地で育てているそうです。

 

今度はうまく育つといいなぁ。

6月の紅芯大根の鮮やかな赤色は、梅雨のうっとうしさを吹き飛ばしてくれそうな気がします。

 

ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 納豆のタレ(お醤油)を入れ... | トップ | さよなら、NOTE »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
けっこう正直・・・ (ぷ〜)
2017-05-05 23:04:17
野菜って、種まきの時期、間違えると、上手くできないことって、よくあるよね〜(≧∀≦)
一応大丈夫・・と、思っても、気候によって上手くいかんかったり・・

本職さんでも、考えるんじゃね(*^^*)
Re:けっこう正直・・・ (ume724)
2017-05-05 23:17:45
ぷ~ちゃん、こんばんは。

紅芯大根にとっても、育ちやすい時期というものがあるだろうし、
栽培技術が向上しても変えられない植物としての「本質」というものがあるから、
結果がどう出るか「賭け」みたいなところはあるよね。
私は、あの赤い色って、下がっていく気温に対する反応で作られるのかと思っていたので、
この初夏の時期にどうなるのか興味津々です。(*^^*)
農家さんのチャレンジ精神 (花売り娘)
2017-05-05 23:36:47
素敵だと思います。
うまくできるといいですね(*^.^*)
Re:農家さんのチャレンジ精神 (ume724)
2017-05-05 23:57:42
花売り娘さん、こんばんは。

ほんと、うまくできるといいですよね。
緑色が多い夏のサラダに、あの紅芯大根の赤が加わると
ものすごく鮮やかになると思います。
6月の収穫まで、あまり気温が上昇しないように祈ります。(*^^*)

コメントを投稿

野菜」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。